見附市スポーツ少年団本部規約


第一章   総   則

1 本団は、見附市スポーツ少年団本部と称する。(以下、本団という)

2 本団の事務所を見附市月見台1丁目91号、見附市総合体育館内に置く。

第二章   目   的

3 本団は日本スポーツ少年団の目的に則り、スポーツを通して少年少 女の心身の鍛練と健全な育成に資することを目的とする。

第三章   事   業

4 本団は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。

(1)         スポーツ少年団の登録。

(2)         スポーツ少年団の指導者の育成。

(3)         スポーツ少年団の団活動を活発にするために必要な各種講習会及び研修会の実施。

(4)         スポーツテストの実施及び普及。

(5)         他スポーツ少年団との連絡調整。

(6)         関連団体との連絡調整。

(7)         その他、目的を達成するための事業。

第四章   組   織

5 本団は、単位スポーツ少年団をもって組織する。

第五章   登   録

6 本団への加入は、本団への登録を以て行う。

2         組織員は、別に定める登録料を納入するものとする。

3         前項の登録は、毎年度これを更新する。

7 本団は日本スポーツ少年団及び新潟県スポーツ少年団に加入する。

第六章   役   員

8 本団には、次の役員を置く。

   本部長          1        理事           若干名

   副本部長         1        会計           1 

   本部員          若干名       監査           1 

2         本部長は本部会で推挙し、理事会で決定する。

3         副本部長は本部長が推挙し、理事会で決定する。

4         本部員は、単位団役員、体育協会、教育委員会事務局から選出する。

5         理事は、単位団より各1名選出する。

6         会計及び監査は、理事会の承認を得て、本部長が委嘱する。

9 本部長は、本団を代表し団務を統轄し、本部会議及び理事会の議長となる。

10 副本部長は、本部長を補佐し、本部長事故あるときは、その職務を代行する。

11 本部員及び理事は、本部会及び理事会の構成員として、本会の運営にあたる。

12 監査は本団の会計を監査する。

13 本団役員の任期は2年とする。但し、再任は妨げない。

2         補欠による役員の任期は、前任者の残任期間とし、増員による役員の任期は、他の役員の残任期間とする。

3         役員は、任期満了しても後任者が就任するまではその残務を行う。

第七章   会   議

14 本部会は、本部長、副本部長、本部員で構成し、本部長が招集する。事業の基本計画、そ

の他を審議決定する。

第15条         理事会は、本会の役員全員で構成し、本部長が招集する。本部会から提示された事項やそ

の他について、実務的な計画を審議し決定する。

2         理事の過半数以上の者から請求があったときは、本部長は、理事会を招集しなければならない。

3         理事会は、理事在数の3分の1以上で成立し、議事は出席理事の過半数で決定する。可否同数の時は議長が決する。

4         理事は、その選出した団の役員に委任して代理出席させることができる。

第八章   会   計

16 本団の会計は、登録料、補助金、その他の収入によって支弁する。

第17 登録料は、前年度の理事会で決定し、毎年6月に納入するものとする。

18 本団の会計年度は、毎年41日に始まり、翌年の331日に終わる。

   付則

1         この規約は、平成741日から施行する。

     改正  平成1822

2         次に掲げる規約は廃止する。

    見附市スポーツ少年団本部規定(昭和5441日 制定)