去る11月28日(水)、新潟アルビレックスべースボールクラブ「中山 大」投手コーチからお話をしていただきました。
来春に中学生になる6年生を対象に身近な人や外部の方から、その職業や生き方について様々な話を聞くことを通して、自分の将来に夢を持ち生き方を考えるとともに、目標をもって、中学校に進学することをねらいとしているのだそうです。
中山 大投手コーチからは・・・「ウサギとカメ」の話を例に苦手なことから目をそむけず、一歩ずつ努力をしていくことの大切さを教えていただきました。
又、サプライズで、新潟日報社、運動部の高橋央樹さんからも新聞記者についてのお話もしていただきました。
どの子も初めて聞く話に目を輝かせていました。
s-imasho-20121207-1.jpg
今町小学校エプロン特派員S