長年切望されていた学童クラブが、いよいよ7月、見附第二小学校区ふるさとセンターに立ち上がり、働くお母さんの強い味方となっています。1~3年生の児童が普段は3名程度、長期休み期間は7名程度過ごしています。子どもたちはセンターに行くとまず自ら進んで宿題を始めます。指導員を引き受けてくださった地域内の方々もこれには大変驚き、感心していらっしゃいました。分からないところは指導員さんや早く終わった上学年の子が教え、学校内とはまた違った交流があります。夏休み期間が充実した日々となるよう、子どもたちは生活面や学習面でそれぞれめあてを立てて書き記し、実行できたかを毎日チェックしていました。また、こども課の方から紙芝居や手遊びを、ALTの先生からはゲーム感覚で英語を学び、とても充実した時間を過ごしました。夏休みが終わり、静かなふるさとセンターはなんだか淋しそうです。
s-10daini-130909-1.jpg s-10daini-130909-2.jpg
s-10daini-130909-3.jpg s-10daini-130909-4.jpg
見附第二小学校エプロン特派員Y