見附第二小学校3・4年生児童は、総合学習の一環である川の生物調査をするため、杉澤町農地水保全会の協力を得て、本明川のいろいろな生き物を捕獲しました。

s-140620dainisyo01.jpg

最初はおそるおそるハシゴを降り、川底の感触を確認しながらゆっくりと前に進む子どもたちでしたが、すぐに慣れ、夢中になって捕っていました。アメリカザリガニ、メダカ、ドジョウの他、この黒くて大きな魚は一体・・・?!どうやら「ニゴイ?」らしいです。鯉に似ているから「似鯉」だとか。

川に入った後は特別水泳の時間です!略して特水!毎年7月末に行われる親善水泳大会に参加する5・6年生が放課後に練習するのに併せ、3・4年生も一緒に練習します。みんな帰ったらクタクタだと思いきや、3年生のうちの息子は夕方外で遊んでいました。小学生の体力、恐るべし・・・。

s-140620dainisyo02.jpg s-140620dainisyo03.jpg
s-140620dainisyo04.jpg s-140620dainisyo05.jpg

ちなみに、ニゴイは写真撮影後すぐに、他の生物も観察した後近日中に川に流してサヨナラします。第二小学校区の川の水はきれいなので、今年もホタルがあちこちで出始めています。

見附第二小学校エプロン特派員Y