4月12日(日)、葛巻地区にある漆山町内の神社で、古くなった鳥居に替えて、新しい鳥居を建立しました。

この鳥居は、天満宮内にある若宮・金比羅・伊勢様の3箇所で、白木の木製ですが、高耐久で長持ちする鳥居になりました。作業は、葛小に通う児童の親や祖父を中心に行いました。
この天満宮は、学問の神様である、菅原道真を祭神とする神社ですので、受験シーズンには、沢山のお参りがあります。刈谷田川にかかる、開運橋を、渡り漆山天満宮を、お参りすれば、縁起が良く、ご利益があるそうです。

地域の史跡等の多くは、住民の努力により維持されていることが多いです。地元のみんなの頑張りで一新できた鳥居を多くの方に見ていただき、地域のために頑張っている住民の姿を想像してもらいたいと思います。
子どもたちには、そういう姿を見て地域を大切にする心を育んで欲しいものです。

s-150413kuzusyo201.jpg s-150413kuzusyo202.jpg

s-150413kuzusyo203.jpg s-150413kuzusyo204.jpg

s-150413kuzusyo205.jpg s-150413kuzusyo206.jpg

葛巻小学校エプロン特派員S