第二小学区の人たちは、どうやら日頃の行いが良すぎるくらい良いようです。
高倍率である『キャノン ジュニアフォトグラファーズ』の抽選に当たったり、撮影前日は大雨に見舞われたのに当日には降らなかったり!

さて、7月9日(木)の当日、いよいよ撮影会が始まりました。
まずは、学校内で一人一台デジタルカメラをお借りし、キャノンスタッフの方からはカメラの使い方を、写真家さんからは撮影のコツを学びました。そして、カメラを首から下げ、ホームグラウンドである杉沢の森へ出発。
自然いっぱいの第二小区で生まれ育った子ども達はどの子も感性豊かで、木の実、雑草、キノコ、昆虫などを抜群の腕前でカメラに収めました!

学校へ戻ってからもグラウンドで撮影会は続き、終了後は思い思いの1枚をプリントアウトし、全員で鑑賞会と発表会をしました。

植物の被写体には、近づいて撮る、晴天のときに人物を撮ると影ができるので曇りの方が適している、等々...と、少しだけアドバイスを小耳に挟みましたが、どんなにカメラが良くても感性がない私は困りもの。
そんな私が撮った、カメラ小僧&杉沢の森へ行く途中の県道沿いの花の出来栄えはいかがでしょうか?

s-150716daini01.jpg s-150716daini02.jpg

s-150716daini03.jpg s-150716daini04.jpg

s-150716daini05.jpg s-150716daini06.jpg

見附第二小学校エプロン特派員Y