10月6日(火)、避難訓練の一環として、見附市企画調整課の方をお招きして、原子力災害についての防災講話がおこなわれました。

実際に放射線測定器を使って放射線量を測ったり、市から屋内退避指示が出された時の行動(外気の遮断、手洗い&うがい、情報収集等)についての説明を聞いたりして、自分の身を守る方法を学びました。
企画調整課の方は、「学校で講話をするのは初めてだったが、真剣に聴いてくれたので、理解が深まったと思う。」とおっしゃっていました。

s-151013imachu101.jpg s-151013imachu102.jpg

今町中学校エプロン特派員T