天気に恵まれ、今年も第二小の運動会が無事に終わりました。

今年の応援団長は、6年生の男女一人ずつでした。
小学生にとっては、給食の時間の次に貴重であろう昼休みでも、各チームとも団長を中心に何日も応援練習に励んでいたそうです。
その甲斐あって、本番は全学年が一丸となり、息の合った応援合戦が繰り広げられました。
個人的には「永野」のネタを使った白組の応援の羞恥心を感じさせないところがお気に入りです(笑)。

また、競技種目においては、人数の少ない学校なので保護者の参加が不可欠です。
玉入れや大玉送りなど、児童より保護者の方が勝ちにどん欲だった気がします(笑)。

もちろん、リレーも児童全員が走ります。追い越し、追い越され、全員が最後まで諦めずに走り切りました。
自分の子もそうですが、どの子でも、一生懸命走っている姿や声をからして応援合戦している姿を見るとウルウルしてしまいます。それだけ年を取ったのでしょうか(笑)?

最後は、第二小区やすらぎの郷コミュニティ主催の50人対50人での綱引き大会が行われ、リレーで負けた白組のうっぷんを晴らすべく綱を全力で引き、見事に2戦2勝しました。

来年は長男が小学校生活最後の運動会です。応援団長をするか聞きましたが、「やらない」と即答でした(笑)。

s-0603001.jpg s-0603002.jpg

s-0603003.jpg s-0603004.jpg

s-0603005.jpg s-0603006.jpg


見附第二小学校 エプロン特派員Y