11月27日(月)
見附市内の中学校4か校の数学科が平成28・29年度、県中学校教育研究会の研究指定を受け、その発表会が今町中学校を会場に行われました。

80人を超える市内外の関係教職員が集まり、5時間目の1年生数学の授業を参観しました。
授業者は今町中・原聖治教諭。大勢の来校者が参観しやすいように、通常の教室ではなく、体育館の2階スペースが授業会場でした。
生徒たちはたくさんの参会者に囲まれ緊張気味でしたが、グループごとの話し合いなど真剣に取り組んでいました。

授業後は、研究リーダーの見附中・倉田孝英教諭が研究成果を発表し、それに基づく協議会が行われていました。

4291213001s.jpg 4291213002s.jpg

今町中学校 エプロン特派員H