さて、今回のレポートは福島県伊達市の月舘小学校と小手小学校との交流会についてです。東日本大震災以降、見附市と福島県伊達市の小学校同士の交流が行われています。今回も2日間に渡って2つの小学校の高学年39名の子どもたちが今町小学校の5年生と交流しました。

1日目、伊達市の子どもたちは、歓迎会の中で、全校で取り組んでいる川柳や琴について披露してくれました。今町小学校の子どもたちはお得意の凧揚げで一緒に遊びました。

2日目は、今町の伝統である「べと人形」に色を付けて今町の文化に触れてもらいました。講師の藤田様や粟野様は、この日に向けて130体以上の「べと人形」を創られたそうです(お疲れ様でした)。子どもたちは、最初に顔の形に色を塗ると、次はその回りを好きな色に塗って三角だるま(べと人形)を仕上げます。個性的でカラフルな三角だるまがたくさんできました。よいお土産になったことでしょうね!

福島県の子どもたちの純朴な雰囲気と純粋な瞳が印象的でした。

%E4%BC%8A%E9%81%94%E5%B8%82%E4%BA%A4%E6%B5%81HP%20%281%29_R.JPG %E4%BC%8A%E9%81%94%E5%B8%82%E4%BA%A4%E6%B5%81HP%20%282%29_R.JPG

%E4%BC%8A%E9%81%94%E5%B8%82%E4%BA%A4%E6%B5%81HP%20%283%29_R.JPG %E4%BC%8A%E9%81%94%E5%B8%82%E4%BA%A4%E6%B5%81HP%20%284%29_R.JPG

%E4%BC%8A%E9%81%94%E5%B8%82%E4%BA%A4%E6%B5%81HP%20%285%29_R.JPG


今町小学校 レポーターS