年が明けた令和2年は早くも1ヶ月が過ぎました。節分・立春と季節は廻りますが、今年は大暖冬で季節が通り過ぎてしまったかのようです。

そんな中、恒例の「大縄跳び大会」が行われました。
低学年・中学年・高学年に分かれて精一杯跳びました。この日を目指して各クラスで沢山練習してきたことと思います。体育館は割れんばかりの声援と、「はい、はい」の掛け声にクラスの団結が感じられます。

1年生は初めての大会に少し戸惑いながら2 年生以上は慣れた足取りでテンポ良く跳んでいました。学年が上がると、跳ぶ回数も数字が大きくなり、縄を回すリズムと跳ぶタイミングが大切なんだと思って見ていました。4年生以上になると、回数も200回以上と飛躍的に伸び、見ていても大いに引き込まれました。

見ているだけではなく、運動不足の冬には最適なスポーツだな!と刺激を受けたレポーターSでした。

HP%20%281%29_R.JPG HP%20%284%29_R.JPG

HP%20%285%29_R.JPG HP%20%286%29_R.JPG

HP%20%287%29_R.JPG HP%20%288%29_R.JPG

HP%20%289%29_R.JPG HP%20%2810%29_R.JPG


今町小学校 明日から縄跳びに挑戦する?レポーターS