Back
*学校給食センターレシピ*

----------------------------------------------
*市教委TopePage *使い方 *新着レシピ *管理
----------------------------------------------
KeyWord AND OR
- その他 -

みー豚(とん)みつケチャップあえ
種別:その他   調理法:揚げる   調理時間:

[材料]
  4人分
 ○ 豚肉    120g 一口大の各切り
 ○ れんこん  110g
 ○ さつまいも 110g(むらさき芋)
 ○ 大豆水煮   40g(乾燥大豆の場合は2倍、
    前日から水に浸しておく。
 ○ たけのこ水煮 40g
 ○ 人参     28g
 ○ おおひらみそ   大さじ1/2杯
 ○ 見附産ケチャップ 大さじ2杯
 ○ 三温糖      小さじ1杯
 ○ 酒        小さじ2杯
 ○ 揚げ油
 ○ 片栗粉

[作り方]
 @ 蓮根、むらさき芋は食べよい大きさに切り、素揚げにする。
 A 豚肉はしょうが、酒、しお、こしょう少々で下味をつけて片栗粉をつけて油でから揚げにする。
 B 筍水煮、にんじんはいちょう切りにして茹でる。
 C みそ、ケチャップなどの調味料を煮立てて味を調える。
 D CでBを煮絡める。その中へ@、Aを絡める。

※ 見附産100%給食に実施した献立です。豚肉、筍水煮も見附産のものを使用しました。ケチャップも見附産トマトから、JA加工センターで作ってもらっています。ちょっと甘めのケチャップです。勝手に「みつケチャップ」と呼んでいます。
※ 今回はさつまいもよりも色の目立つ「むらさき芋」を使用しました。ポリフェノールがいっぱいです。

2007/11/28(Wed) 16:38  no.48



トマトとたまごのスープ
種別:その他   調理法:煮る   調理時間:

[材料]
 (4人分)
○トマト 中くらい1こ(完熟)
○たまご     1こ
○玉ねぎ  小さめ1こ (薄切り)
○人参      40g(いちょう切り)
○ベーコン   1枚 (短冊ぎり)
○にら     少々 (2,3cmくらいに)
○コンソメ   2g
○しお     2g
○こしょう
○しょうゆ   小匙1弱
○でんぷん

[作り方]
 @ ベーコンは短冊切りにする。
 A たまごは割りほぐす。
 B トマトは湯剥きして皮を剥き、角切りにする。
 C コンソメをいれて、@ベーコン、人参、玉ねぎを入れて柔らかくなるまで煮る。
 D Cが煮えたらトマトを加え、調味をしてAのたまごを加える。さいごににらをいれる。

 ※すぐできるスピード料理です。トマトの味でさっぱりとおいしい夏向きスープです。
 ○トマトを入れる時間で味わいが異なるおもしろいスープです。じっくり煮込むも良し、さっと煮も良し。お好みでどうぞ。
 ※別バージョンで最後にレタスをいれてのしゃきしゃきスープもおいしいです。 

2007/08/28(Tue) 16:19  no.38



くじら汁 見附の夏のスタミナ食
種別:その他   調理法:煮る   調理時間:
37.jpg

[材料]
 (4人分)
塩くじら 40〜60g (短冊ぎり)
ゆうごう(夕顔) 100g
なす    小さめ1こ
人参    30g
玉ねぎ   1/4こ
じゃがいも 小さめ1こ
かつおぶし(または煮干)
みそ 

[作り方]
 @ 塩くじらはさっと洗っておく。
 A ゆうごうは皮をむき、種をとり、いちょう切りにする。(一口大のいちょう切り)
 B じゃがいも、人参はいちょう切り。なすは半月に切る。
 C だしをとっておく。
 DCのだしに@の塩くじらをいれて煮る。
 EDのだしで、それぞれの野菜を硬いものから煮ていく。
 Fみそで調味する。塩くじらの塩味注意。

※ 見附の夏の味「くじら汁」です。夏のスタミナ食として昔から食べられています。「ゆうごう」と「なす」が欠かせません。どちらかというと女性より男性が好む郷土料理です。毎年7月に給食で実施をしています。19日は「食育」の日です。毎月19日には特に見附産の野菜をたくさん取り入れています。「くじら汁」は19日に見附産の「ゆうごう」を入れていただきます。小1年の教室でご家庭での様子をお聞きしたところ、食べたことない児童が約半分でした。以前より食べることの少なくなっているお料理のひとつです。食文化のひとつとして伝えていきたいものです。
 ☆塩くじらから良いだしが出ます。また、塩くじらはくじらの皮と脂身なので脂が強くにおいにも癖があります。給食ではミンクくじらを使用しました。また、くじらの量は苦手な子どもも多いので少なめにしています。ご家庭の皆様の好みのあわせてください。(塩鯨の味が苦手なご家庭では茹でこぼしたりいろいろ工夫されています)
 ※「くじら汁」にはおじいちゃんが活躍するご家庭が多く興味深いものでした。
子どもの声から
 ○鯨汁だけはおじいちゃんが作るよ。
 ○おじいちゃんが作って!!ておばあちゃんは好きでないけど作るんだよ。
 ○うちで食べるのはおじいちゃんとお父さんとぼくだけ・・
   などなど・・ほかのお料理ではあまり出てこないおじいちゃんですが、「くじら汁」に関しての子どもたちの声ではとても多く出てきて興味深かったです。

2007/08/28(Tue) 15:43  no.37



大豆の磯煮
種別:その他   調理法:煮る   調理時間:

[材料]
 4人分
  ○ 大豆水煮   40g
  ○ ごぼう    20g
  ○ にんじん   20g
  ○ こんにゃく  30g (または、突きこんにゃく)
  ○ ひじき    10g
  ○ さつまあげ  1枚
  ○ さやいんげん 12g
  ○ しょうゆ   大匙1杯
  ○ 三温糖    小匙1杯弱
  ○ だし
  ○ みりん    小匙1杯
  ○ 油      少々  炒め用

[作り方]
 @ ひじきは洗って、水に戻しておく。
 A さやいんげんは筋をとって、ゆでてさましておく。
   ななめ薄切りに切る。
 B こんにゃくは小さめさいの目切り。下茹でをしておく。
 C ごぼうは半月に切り、水にさらす。
 D にんじんはいちょう切り。さつま揚げは短冊切り。
 E にんじん、ごぼうを炒め、こんにゃく、さつまあげ、大豆、ひじきをいれて、だしを加えて煮る。
 F 調味料を加えて煮こむ。
 G 最後にAのさやいんげんを加える。

 ※ 見附では見附産の大豆をたくさん使用しています。給食センターでは、JAの加工センターで、水煮加工した見附産大豆を使用しています。ご家庭では乾燥の大豆から作ることが多いですね。そのときの量は約半分になります。水につけた後柔らかくなるまで下茹でしてお使いください。ひじきも戻すととても、増えますのでご注意ください。大豆を戻したり、茹でたりはちょっと面倒ですが、たくさん柔らかくゆでてから、冷凍保存すると便利です。学校給食ではお豆をたくさん取り入れています。食物繊維も多く、栄養たっぷりの大豆をぜひご家庭でももっともっといただきましょう。イソフラボンもたくさんです。健康食品などと違ってとりすぎの害はけしてありません。

※ 意外とよく食べてくれます。大豆が入らないほうがいいな・・という子のほうが、ちょっと多かったかな。

2006/08/17(Thu) 16:34  no.19



ミネストローネ
種別:その他   調理法:煮る   調理時間:

[材料]
 4人分
  ○ ベーコン     12g
  ○ にんにく     小さめ1かけ
  ○ オリーブオイル  少々 
  ○ 玉ねぎ      1/2こ
  ○ にんじん     2cmくらい
  ○ じゃがいも    1/2こ
  ○ セロリ      少々
  ○ キャベツ     120g
  ○ スパゲティ    15g
  ○ トマトピューレ  40g
  ○ スープ     480cc
    (給食ではコンソメなど使用して作ります。)
  ○ 白ワイン     大匙1/2強
  ○ 塩、こしょう
  ○ しょうゆ     少々

[作り方]
 @ にんじんはいちょう切り、じゃがいもは厚めのいちょう切り、玉ねぎ薄切り、キャベツは色紙切り、セロリは細かく、にんにくは、みじん切りにそれぞれ切る。
 A オリーブオイル、にんにく、ベーコンを炒める。
 B 玉ねぎ、にんじんも炒めて、スープを加えて、じゃがいもを加えて煮込む。
 C Bにキャベツとトマトピューレを加えて煮る。
 D 野菜が煮えたら、スパゲティを手で折り、加える。
 E スパゲティが煮えたら、調味料を加えて煮る。

 ※ イタリア版おふくろの味、ミネストローネです。いわば、イタリア版のみそ汁です。中の野菜はなんでもOK
生のトマトが入っても、きのこ類がはいってもいいですね。スパゲティのほかに、マカロニを入れることもあります。基本はショートパスタ。下茹でせずに直接加えます。給食ではお豆を入れることもありますが、今回は基本的なものをいれました。

2006/08/17(Thu) 16:09  no.18





No Pass

.. RecipeNote by PrettyBook