« 地域とともにある学校づくりの推進~校長・教頭合同研修会から~ | メイン | コミュニティ・スクールの力~文部科学省委託事業の取組及び成果等を紹介します!~ »

キーワードは「熟議」と「協働」~「みつけコミュニティ・スクール」の推進に向けて~

 見附市では、今年度、正式に「コミュニティ・スクール」をスタートしました。見附市はこれまでも、「共創郷育」の理念のもと、地域とともにある学校づくりを推進してきましたが、さらにその取組の充実を図りたいと考えています。
 今年度は、文部科学省の指定を受け、「コミュニティ・スクール」の充実に向けて、角度を変えた視点から、3つの実践研究を実施しています。
「文部科学省指定研究」
 A:コミュニティ・スクール導入に関する実践研究 
 B―①:コミュニティ・スクールでの、熟議と協働の充実に関する実践研究
 B―②:コミュニティ・スクールのマネジメント力強化に関する実践研究

 B―①の実践研究のモデル校は、名木野小、新潟小、今町小、今町中の4校です。こ
の4校の校長先生、運営協議会委員、CS加配教員、教育委員会関係者と新潟大学教育
学部の松井賢二教授の17名で「みつけコミュニティ・スクール調査研究会議」を組織
し、テーマに迫る検討を行います。
s-CS131209-1.jpg s-CS131209-2.jpg
s-CS131209-3.jpg s-CS131209-4.jpg
 第2回調査研究会議では、市教委、名木野小、新潟小、今町小、今町中の取組を発表し、それを踏まえて、「熟議」と「協働」を創出する工夫や学校運営地域本部等の既存の組織との連携強化に向けた方策等について意見交換が行われました。
今後は、学校・地域の特色を生かした、見附市の取組をまとめ、発信したいと考えて
います。

About

2013年12月09日 08:57に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「地域とともにある学校づくりの推進~校長・教頭合同研修会から~」です。

次の投稿は「コミュニティ・スクールの力~文部科学省委託事業の取組及び成果等を紹介します!~」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35