見附市学校教育の重点

見附市教育行政の基本方針

①教育の質の向上
②開かれた、市民力を生かした学校づくりの推進
③安心・安全で快適な学校環境の整備
④地域・家庭の教育力の充実と学びの支援
⑤時代の変化に対応した教育行政の仕組みづくりと市民の協働の推進


特色ある学校づくりの推進
○自校の教育課題の解決と自立と創造を目指し、校長のリーダーシップの下、指導体制を明確にするとともに、地域、保護者との連携により、全教職員の特性や創意を生かし、地域に根ざし、地域に信頼される特色ある教育活動の推進に努めます。
<施策>
●「スクールアカウンタビリティ in みつけ」の実施
●外部評価の積極的な導入(学校評議員制度の有効活用)
●「わくわく見附アクションプラン」の推進


環境教育
○環境保全に対する意識を高め、主体的に実践するちからを養います。
<施策>
●「エコスクール運動」の推進
●「環境プロデュース指導員」の配置


豊かな心の育成
○自校の道徳教育実践上の課題を明確にし、児童・生徒の内面に根ざした道徳性、道徳的実践力の育成に努めます。
<施策>
●研修会の実施
●「わくわく体験塾」実施
●あいさつ運動の推進 
●「子どもと親の相談員」配置


人権教育・同和教育
○基本的人権、人間尊重の精神にたった人権教育、同和教育の推進に努めます。
<施策>
●同和教育研修会の実施
●同和教育実態調査の実施
●みつけハートフル旬間「心をみつめる」実施
●「かかわる同和教育」の推進


特別支援教育
○児童・生徒一人一人の可能性を最大限に伸ばすため、一人一人の教育的ニーズを的確に把握し、必要な支援に努めます。
<施策>
●教育補助員の配置  
●保護者等学校視察
●就学指導体制の充実
●相談体制整備(養護学校センター化)


情報教育
○情報活用能力育成に向け、授業等で積極的に情報手段及び情報機器の活用を図るとともに、情報モラルの向上を図ります。
<施策>
●地域イントラネット「学びの扉」の活用


国際理解教育
○外国の言葉や歴史、文化等に興味・関心を高め、日本の文化や生活の理解を深め、豊かな国際感覚と国際協調の精神の育成に努めます。
<施策>
●ALT配置  
●伝統文化の継承支援
●中学生広島派遣事業


生徒指導の充実
○一人一人の自己実現が図られるように、生徒理解を深めるとともに、教育相談体制を整え、自己決定の場を意図的に設定し、自己存在感を味わわせる場の設定を工夫します。
○充実した生活が図られるよう、関係機関との連携や校内外の指導体制を整え、支援・指導に努めます。
<施策>
●「心の教室相談員」配置 
●「生徒指導推進協力員」配置
●「子どもと親の相談員」配置
●「見附市適応指導教室」設置   
●「訪問指導員」配置


体力の向上
○児童・生徒の実態に応じ、健康安全や体力向上に向けた活動を推進します。
○家庭・地域との連携をとおし、食の指導を推進し、望ましい生活習慣の育成を図ります。
<施策>
●「生活実態調査」の実施 
●「食の教育」の推進 
●地産地消の推進


進路指導(キャリア教育の推進)
○児童・生徒が生涯にわたって、自らの能力、適性等を生かした生き方の指導が図られるよう、ガイダンス機能を生かした組織的、計画的な実践に努めます。
<施策>
●「わくわく見附アクションプラン」推進(地域の人材活用)
●小・中・高等学校の接続を意識した職業体験活動の推進

投稿者: 市教B 日時: 2006年06月28日 15:34