なんじゃ こりゃあ?

mc.jpg

 「いったい何なのこれ?」って驚かないでください。
 上記画像がQRコードと呼ばれるもので、バーコードに似た二次元コードの一種です。
 HP左側に設置しているQRコードには、携帯対応のホームページのURLが記述され、携帯電話のカメラ機能を使って記事をご覧いただけるようご案内しています。
 市教委では、「この”QRコードを使って”新たな教育活動が展開できないか」とその活用方途について研究しています。

 
 ■この掲載記事は閲覧者からのコメントを受付けられるよう設定してあります。下記フォームに従い、コメントをお書きいただけます。但し、スパム 投稿を排除するため、お寄せいただ くコメント内容を管理者が承認した後に掲載されますので少々お時間を要する旨をご理解ください■

ロゴ

keitai_2rp.gif
 まずは当記事に貼り付けた”QRコード”をご覧ください。
 どんな事が記述されているのか全く理解できません。しかし、お手持ちの携帯カメラ等でスキャンしていただくとおわかりのとおり、次のようなメッセージが入力され、コード化されているのがわかります。


 見附市教育委員会では、QRコードの教育への活用方途について模索しております。
 経費をかけず、また独自性のある活用方法について多数の皆様からのアイデアをお待ちしています。
Email:ky-soumu@city.mitsuke.niigata.jp
ロゴ

 既にお馴染みの”バーコード”では、20桁程度の情報量を収録する程度でしたが、このQRコードは、バーコードの数100倍の情報量を扱う事ができるのだそうです。
 数字・英字・漢字・カナ・ひらがな・記号・バイナリ・制御コード等あらゆるデータを扱う事が可能で、扱うデータ量は7,089文字(数字)まで1つのコードで表現が可能です。

■身近なアイデア例として、文庫本の背表紙や、レンタルビデオのケース、回転寿司の皿にこのQRコードが印字されている例もあるようです。
 もっと楽しく、そしてより斬新なQRコードを使ったアイデアがありましたら”ビシバシ”コメントをお寄せいただきたいと思います。

cl_005.gif例:QRコードを焼き付けたタイルを学校及び各行政区中心点に敷設し、位置情報を読むことで通学距離数や安全な通学路を把握する。
cl_005.gif例:「QRコードを使ったシンポジウムのリフレクション」発表者携帯メールアドレスを記述したQRコード入りの次第を客席に配布し、発表者が発表を行っている間に、質疑をリアルタイムで受け付ける。

投稿者: 市教委A 日時: 2007年03月02日 08:00

コメント: なんじゃ こりゃあ?

 QRコードを使ったイベント等の受付システムの紹介がありました。
 あらかじめ参加予定者のデータベースをつくり、QRコード入りの入場券を事前に送付、そして会場入場時にスキャンして当日の受付を行うもののようです。
 この手の方法は、今後益々増えていくと思います。
http://www.docomo.biz/html/product/kyusyu/barcode/#03

投稿者 村上 | 2007年03月10日 16:40

名刺をQRコード化してはどうでしょうか。
QRコード作成ツールをダウンロードし、頂いた名刺の内容を入力します。
データの入力完了をもってQRコード化すれば作業は終了です。
パソコンの画面に表示されたQRコードを携帯電話で読みとりすれば、簡単に携帯電話に登録出来ます。

投稿者 豊寿司君 | 2007年03月08日 16:42

 こんなんありますが。
 QRは普通、携帯電話のカメラを用いて情報を取り出しますが、パソコンを用いて情報を取り出せるプログラムを発見!
 QRコードが写った画像ファイルをこのプログラムにドラッグ&ドロップすると、情報を表示可能とするものだそうです。
 個人的使用に限り自由に使用可能とか。

http://www.vector.co.jp/soft/win95/writing/se420086.html

投稿者 半鐘 | 2007年03月08日 12:07

 パケットさん
 びっくり情報ありがとうございます。
 画像自体はGIFアニメーションなのでしょうか?ご指摘の携帯電話への誘導には、それぞれ移行するサイトでのパケット料金が発生し、これをクリアすることが今後の利用拡大につながるものと思います。
 紹介いただいたこの小さなQRコードの中に、全てのコンテンツを網羅できれば本当に便利ですね。

投稿者 市教委(ひ) | 2007年03月06日 17:53

 こんにちは
 残念ながら海外の2次元コード情報で恐縮です。
 日本のQRコードリーダーでは読み取り不能らしいですが、海外ではこれ当たり前です。普通は、このQRコードで、携帯電話を誘導して目的地へ辿り着く操作に利用しますから、結構パケット代金が嵩むらしいですが、動画QRならこの中に全てのコンテンツが含まれるため、パケット料金は一切かからないという優れものです。
 まあ、情報のひとつとして。
http://blog.itoy.jp/archives/img/vcode.gif

投稿者 パケット | 2007年03月06日 12:33

 ベーシックさん
 ベーシックなアイデアありがとうございます。本来QRコードは、携帯電話のカメラ機能に特化したものとの認識があり、私のようにカメラ機能をもたない携帯ユーザには無縁のものと思っていました。
 しかし、このQRコードはPCにつないだ安価なカメラでも認識が可能なのだそうですね。ましてや認識のためのソフトは、フリーウェアでも提供されているらしいです。
 う~む・・・活用可能な幅がまた広がりますね!

投稿者 市教委(ひ) | 2007年03月05日 08:20

 大変ベーシックなアイデアで恐縮です。
 先生の名刺や運動会、文化祭のポスターなどにQRコードを刷り込んでおけば、メールアドレスや学校ホームページのURLなどを簡単に入手・発信することができます。
 本来なら電子媒体で利用されるものを紙媒体で伝える際に非常に有効な手段です。
 教職員の名刺や教育施設パンフレットなどへのQRコード導入を推進されてはどうでしょう。

投稿者 ベーシック君 | 2007年03月04日 15:55

 「ズッキーニ」さん 「き」さんコメントありがとうございます。
 QRコードは単にURLを入力する手間を省くコードとの印象が強かったのですが、情報保護の意味合いからも活用が可能なことがわかりました。学校&行政事務などのどちらかと言えば硬い仕事に利用することもできるし、子ども達の総合的な学習の時間でも、遊び心を交えながら利用すのも一考かと感じました。
 御両名の有益なる情報提供に感謝いたします。

投稿者 市教委(ひ) | 2007年03月03日 14:18

ズッキーニさんのご提案、なるほどと思いました。また、冨所さんの音声というのも面白そうですね。
で、私も考えてみました。
その時、その場に参加した者にしか教えたくない情報(ペーパーレス)って学校などであり得ることかどうかは分かりませんが....
もし、そういう場面があればQRコードを会合の資料に刷り込んでおき、参加者からその場で閲覧してもらって、会合終了後にはその情報(ページ)を削除するとか如何でしょう。つまり、そのときその場にいなかった者には見えないワケです。
ただし、携帯画面でどこまで情報が出せるかは疑問ですが...

投稿者 き | 2007年03月03日 09:45

 学校で緊急事態に必要となってくる連絡網。最近は個人情報云々で連絡網に名前や電話番号を掲載することを拒む保護者も多数いるらしいですね。でも本当に必要な時はそんなこと言ってられないでしょう?
 そんな連絡網の表にQRコードを入れてみてはいかがでしょうか。
 QRコードには利用者を限定するパスワードもコード化が可能ですから保護者や教師に限定したパスワードを付与すればOKさ!いかが?

投稿者 ズッキーニ | 2007年03月02日 18:42

 コメントありがとうございます。QRコードで音声が聴けるとは思ってみませんでした。調べましたら、次のようなQRコードの着信メロディなるものがあるんですね。
http://qr.quel.jp/qmelo/images/birthday.gif
 情報ありがとうございました。

投稿者 市教委(ひ) | 2007年03月02日 13:10

 朝刊にのってた「コスモ石油」の広告にコスモ・ザ・カード「ドラえもんキャンペーン」にQRコードが印刷されていました。
 何かなあと読んでみたら、このQRコードにはドラエモンの声が聴けるようになっていました。文字だけでなく音声も変換できるみたいです。
 学校の校歌をQRに変換してデータベースにしてはどうでしょうか?

投稿者 冨所 | 2007年03月02日 08:37