市教委パブリックコメントの流れをお示しします。

m_04.gif
 パブリック・コメント制度は、パブリック(public)は「公共的」、コメント(comment)は「論評、批評、意見」で、市教委が政策等を決定する際に、その素案を広く保護者の方々や市民に対し公表し、寄せられた意見等を素案に取り入れることができるかどうかを検討し、その検討結果(最終案)とともに寄せられた意見等に対する市教委の考え方をあわせて公表していく一連の手続きをいいます。
 以下に「市教委パブリックコメントの流れ」をお示しします。

■市教委パブリックコメントの流れ
案の作成
計画等の素案を作成します。

案の公表
作成した素案及びその趣旨、目的、概要などをホームページ等で公表します。

意見募集
一定期間を設定し、素案に対する意見・提案をコメント投稿、郵送、ファクシミリ、電子メール等で募集します。

意見の反映
頂戴した意見・提案に対して、素案に反映できる事案は加筆修正します。

結果の公表
頂戴した意見・提案の概要とそれに対する市教委の考え方等を素案の公表と同様に公表します。

■パブリックコメント手続関連例規
 見附市パブリック・コメント手続要綱

投稿者: 市教委A 日時: 2007年05月07日 08:00