「見附市教育行政計画」原案にご意見・ご提案をお寄せください

img99268.gif

「見附市教育行政計画」原案にご意見・ご提案をお寄せください

 
 ■この掲載記事は閲覧者からのコメントを受付けられるよう設定してあります。下記フォームに従い、コメントをお書きいただけます。但し、スパム投稿を排除するため、お寄せいた だくコメント内容を管理者が承認した後に掲載されますので少々お時間を要する旨をご理解ください■

ロゴ

 見附市教育委員会では、開かれた教育行政を推進するため「見附市教育行政計画」策定にあたり、このたび原案を作成致しました。
 教育委員会では、市民の皆様の教育行政に対する意見・提案の機会を確保するとともに、政策決定プロセスへの市民参加を推進するため、形成過程段階の素案を公表し、皆様の意見を求める「パブリックコメント」を実施しています。
 原案をご覧いただいたうえで、広く市民の皆様からのご意見・ご提案をお寄せいただき、より良い計画を策定していきたいと考えております。

edeplan.jpg

006-004.gif■原案(PDF)data.gif

※「見附市教育行政計画」原案(PDFファイル)をご覧いただくには、Adobe Reader が必要です(無料)。お持ちでない方は、下のバナーをクリックして入手しご覧ください。
br_b_botan.jpg

【原案の公表・募集期間】
 平成19年5月2日(水)~平成19年5月21日(月)
【ご意見・ご提案等の応募方法】
 当記事末尾の「コメント欄」をクリックのうえコメントをいただくことが可能です。また、ご住所、お名前を記載のうえ、郵送・ファクシミリ・br_b_botan.jpg(Eメール)でお送りいただくか、直接ご持参ください。
【応募・問合せ先】
 見附市教育委員会教育総務課総務企画係
 〒954-8686 見附市昭和町2-1-1
 電話 0258-62-1700
 FAX 0258-63-5003

投稿者: 市教委A 日時: 2007年05月02日 17:30

コメント: 「見附市教育行政計画」原案にご意見・ご提案をお寄せください

 巷に言われる個人情報保護の配慮ゆえか、あまりに過敏な対応が、昔で言われる地域ならではの力を阻害していると思います。
 個人情報は適切に管理すべきものと思いますが、適切に管理したうえで有効に運用すべきとの発展的な考えがなく、何かあったら困るから、だったら何でもしないようにしようとの考えが先行してマイナス面ばかりに偏っているのではないでしょうか。
 「昔はよかった」との声をよく聞きますが「何故よかった」のか、今でもその良さを最大限に活用することはできないのか・・・・・。一緒に考えてみませんか?

投稿者 橘 | 2007年05月12日 14:09

自宅でプログラム開発の仕事をしている者です。
休日ともなると、交流センターでの開放PCに大勢の子ども達が順番を待ち、インターネットを利用しているのを目にします。インターネットは大変便利な道具であると同時にとても危険な陰を聘しています。危険有害サイトの回避やネットワークエチケットなど大人が教えてあげなければ子どもは先へ先へと進んでしまいます。
小学校を卒業して中学校へ、中学校を卒業すると高校では他の市町村の子どもたちと机を並べることとなり、各市町村の学校での力量が簡単に比較されてしまいます。
 見附の学校では、子ども達の利用可能なPCがちゃんと揃えてあるのでしょうか?また情報活用能力の育てるための方策はできているのでしょうか?
 このご時勢ですから是非とも力を入れていただきたいと思います。

投稿者 NEB | 2007年05月10日 12:49

この4月から親戚の子どもが小規模校へ編入しました。この編入制度は新しい試みと聞いていますが、記載事項がみあたりませんでした。

投稿者 おかあさん1号 | 2007年05月09日 13:04

 学校評価はあくまで学校支援という範疇で実施を願いたい。学校の監視や比較、批判制度に偏らぬ配慮が欲しいと思う。ちなみに私は教員ではありません。

投稿者 ポン太 | 2007年05月08日 17:49

 「箸」に「橋」、「共同」と「協働」って日本語って難しいと考えます。素案にある「共創」にもわざわざルビがふってあるとおり「きょうそう」と読ませるようですが、どうしても「競争」をイメージしてしまうのは私だけでしょうか?とりわけ、今のこどもたちに求められている「学力向上」を見る限り、「競争」のイメージを払拭できずにいます。
 インターネットで「共創」を検索したら、http://www.baifukan.co.jp/sinkan/shokai/019100.html
ということで、“共創”とは、まさに「共に創る」ということなのでしょうが、これを「きょうそう」と読ませず「地域コラボ教育」とか、あて字的な読ませ方にはできないものでしょうか。手元に資料が無く、ただ単に「共創」と話されたときは、その真意が中々伝わらないものと思います。

投稿者 子持ちししゃも | 2007年05月06日 09:51

 見附市での新たな試み、一市民として大歓迎です。
 これらの計画の素案をつくる際には様々な基礎データを分析されたうえで策定されるものと思います。計画の素案を示すのと併行して、今後は基礎データを添付いただくと、よりわかりやすくなると思います。
 最終的なものには基礎データをつけていただくことを希望します。

ps:このような機会を案内いただいたHさんに感謝します。
  頑張ってください。

投稿者 三本 | 2007年05月03日 10:05

教育行政に精通された方なら理解できることなんでしょうが、わたしのようなド素人にはほとんど理解できません。
結局、この計画を要約するとどういう言い方になるんでしょう?
はたまた、10年後には学校がどのような教育現場になるべきだと示しておられるのでしょう?
わたしなんかそんな難しいことでなく「卑怯な人間」を作らない。そのことを小・中学校教育期間に徹底的に行う...。これでよいと思うのですが。これとて出来ないような教師や学校にそれ以上の何が望めましょうや。

投稿者 (き) | 2007年05月03日 09:57

 素案拝見しました。細かいところはよくわかりません(これからじっくり拝見するとして・・・)題字の色が「深緑」を使っているようですが、私のイメージする教育は、やっぱ「青」かな・・・との印象でした。余計なことでした。

投稿者 山田 | 2007年05月03日 08:09

 みつけドットコム掲示板を見てここにやってきました。
 私たちにとって、密接ないろんな事業をやっていただくうえで事前に意見を問うような方法はすばらしいと思います。ただ、形式ばかりを重んじるお役所体質で終わらせないで欲しいと願ってはいます。見附市のホームページの新着にもありました「障害福祉計画」なども、このような方法であらかじめ公表いただけたら、もっと身近なものとなったかもしれません。あっ!ここは教育委員会でした。失礼しました。
 では、ひとつだけ提案させていただきます。拝見するとホームページでのみ事前公表されているようですが、コンピュータやインターネットを利用できない「IT弱者」がここ見附にはまだまだ多数を占めています。
 ご面倒でも印刷物または紙版による資料なども公共施設に備え、広く意見を聞かれてはどうでしょうか?指定管理者となった図書館などと協力を求めてはどうでしょう。新たな試みに敬意を表します。

投稿者 新町住民 | 2007年05月03日 08:06

 先回募集されたQRコード以降、第2回目のコメント募集ですね。先回は見てるだけでしたが、今回はコメントさせていただきます。もしかして皮切りとなりますかな(^―^) ニコリ
 素案の中で「黒字」と「赤字」の2種類がありましたが、どう使い分けているのでしょうか?重要なのが「赤字」?なのか。名称の「○○行政計画」・・ちょっと堅苦しくないかな?

投稿者 ラッツ&スター | 2007年05月03日 07:47