第二次審査公開ヒアリングが開催されました

DSCF2919.JPG

 9月12日午後1から、今町小学校改築事業設計プロポーザル第二次審査公開ヒアリングが開催されました。
 ヒアリングは、全国公募のうえ、参加登録いただいた43の設計者から、一次審査を通過した5者からのプレゼンテーションを公開し、多数の市民の方々からの参加を得ることができました。

DSCF2926.JPG  DSCF2927.JPG

 設計者には、あらかじめ「5つのテーマ」をプロポーザル提案のための課題とし、当日は、これらの課題を柔軟に解決するアイデアをもとに、1者あたり25分という短い時間にもかかわらず、熱心に様々な提案をいただくことができました。

 設計者の皆様には、保護者、地域、そして子ども達や教職員の新しい学校づくりに対する想いを受けとめ、これまで長時間にわたる資料作成に協力をいただき、ここに改めてお礼申し上げます。

 これらの提案を受け、今町小学校改築事業設計プロポーザル審査委員会では、今町小学校を改築するうえで、最も優れた設計者と評価する者1者及び次点1者を選定するとともに、審査講評を添えて、これを公表することとしています。

■プロポーザル提案課題
(1)「子どもたちの学習の場としての学校」についての提案
(2)「子どもたちの生活の場としての学校」についての提案
(3)「地域住民の交流の場としての学校」についての提案
(4) 建て替え計画についての提案
(5) その他、設計者が大切と思われることについての提案

投稿者: 市教委A 日時: 2007年09月14日 11:30