復興の灯火を、地域全体にひろげよう!

IMG_0356-1.jpg
新潟県中越大震災から3年の10月23日(火)に、被災した7市町の関係の皆様が参加して、長岡市立劇場を会場にした「合同追悼式」が開催されました。
参加した市町は、見附市の他に、長岡市、小千谷市、十日町市、魚沼市、南魚沼市、川口町です。

3周年に当たる今年は、関係の市町から、小学生の代表に参加してもらって、復興への合唱を披露することになり、見附市からは、見附第二小学校の5,6年生13名から参加していただきました。
7市町の児童約150人による合唱「手のひらを太陽に」と「ふるさと」が、会場いっぱいに響き渡りました。

IMG_0350-1.jpg
合唱に先立って、7市町の代表児童が、復興へのメッセージを発表しました。大震災後の様々な取組や支えてくれた人の姿から学んだこと、今がんばっていること等について、堂々と発表していました。


DSCF2262-1.jpg
最後に、「復興の灯火を、各地域に持ち帰ってひろげてください。」というメッセージを込めた『灯火リレー』として、7市町の代表児童にトーチが手渡されました。
今後、トーチは、市内の全学校等にリレーする予定です。

投稿者: 市教B 日時: 2007年10月23日 16:10