見附市の学校給食で使用する食材は安全を確認しています

tomato.gif

 見附市教育委員会では、中国産野菜の一部で残留農薬問題が指摘されたことなどを受け、学校給食での中国産食材の使用を当分の間、自粛することとしました。
 JTフーズ等の中国産冷凍餃子による食中毒の報道がなされておりますが、見附市の学校給食では、当該食品は使用しておりませんので、ご安心いただきますようお知らせいたします。

 学校給食への加工食品の使用基準は、食材の生産地及び製造場所等を確認後に使用することとしております。
 また、使用する食材は、できるだけ「見附産」を、次は「県内産」、「国内産等」の優先順位により栄養士が選定し提供しておりますが、一部食材については中国産を使用しております。
 中国産食材の全てが粗悪なものではありませんが、子ども達の食の安全に対する配慮から、当分の間、中国産食材の使用を自粛することとしました。
 なお、学校給食だより2月号でお知らせしている献立につきましては、これらの配慮を行い、それぞれ対応することとしております。
 今回の中国産加工食品の健康被害についての情報は新潟県ホームページ > 健康・医療・衛生に関するお知らせ をご覧ください。


    お気づきの点等があれば、見附市学校給食センターまでお問い合わせください。
           見附市学校給食センター 電話0258-62-2244

投稿者: 市教委C 日時: 2008年01月31日 13:43