市立学校施設の耐震化の状況をお知らせします

市立学校施設の耐震化の状況を、平成19年度実施の耐震診断結果を踏まえ、お知らせします。

■市立学校施設の耐震化の状況(平成20年4月現在)

小・中・特別支援学校の全棟数  (A)38棟
耐震性が高く工事が不要な棟数 (B)27棟
耐震性が低い棟数 3棟
平成20年度に耐震診断実施予定の棟数 5棟
平成20年度より改築予定の棟数 3棟
耐震化率 (B/A)71.1%

 平成20年度は、見附第二小学校(2棟)、南中学校(3棟)の耐震診断を8月から実施する予定です。これにより、学校施設に必要な耐震診断は100%完了することとなります。

 なお、耐震性の低い建物については、今年度実施予定の耐震診断結果を踏まえ、今後の計画を検討のうえ、順次耐震化を進めて参ります。

■平成19年度実施の耐震診断結果について

学 校 名棟 名耐 震 結 果Is値
名木野小学校普通教室棟大規模な地震に対して耐震性が低い0.53
名木野小学校特別教室棟大規模な地震に対して耐震性が高い0.83
名木野小学校屋内体育館大規模な地震に対して耐震性が低い0.18
今町中学校普通教室棟大規模な地震に対して耐震性が低い0.39

 Is値とは:建物の耐震性を判断するための数値(構造耐震指標)で、国土交通省において安全の目安としてIs値を0.6以上としています。

■公立学校施設の耐震化の現状(全国)(文部科学省HP

投稿者: 市教委A 日時: 2008年07月09日 11:50