注意してください

p_dryice_01.jpgwar_img09.gif

 ドライアイスを入れたペットボトルが破裂し、けがをしたという事故の情報が国民生活センターに寄せられています。

 子ども達は、単なる好奇心からテレビでやっていた実験をまねているようですが、事故内容を見ると、ペットボトルにドライアイスを入れ振ったところ破裂し、破片で失明した等、大事故につながる危険性があることが判明しています。
 市内スーパーでも、保冷用にドライアイスを無償提供している店舗も見受けら得ますが、取扱いには十分注意が必要です。
 また、今後夏休みを迎えるにあたり、花火による火傷の事故の多発が予想されます。
 保護者の皆様には、子ども達に対するご家庭でのご指導をよろしくお願いいたします。

投稿者: 市教委A 日時: 2008年07月17日 15:06