「平和を感じて生き、平和の輪を広げたい」 ~中学生広島派遣報告会から~

dc080708.jpg

9月16日(火)の午後、8月4日(月)~7日(木)に実施した「中学生広島派遣」による平和推進研修の報告会を行いました。
研修に参加した市内4中学校からの代表4人が来庁し、市教育委員会の神林教育長に、広島派遣で学んできたことを、作文と掲示資料で報告しました。

20%E3%80%80%E5%BA%83%E5%B3%B6%E3%80%80%E5%A0%B1%E5%91%8A%E4%BC%9A%20014-1.jpg

「当時の広島の様子は、想像以上で、正直“こわい”と思った。」
「具体的な事実、残酷な事実があったことを直視しなければならない。」
「世界中の本当にたくさんの人が平和を願っていることが分かった。」
「平和への関心を持つことが大切だと実感した。」
「命の大切さ、生きることの大切さに向き合うことができた。」
「見附に戻ってきて、見附の当たり前の姿、平和な様子に安心感を感じた。」
と、一人一人が、自分の感じたこと・考えたことを、自分の言葉で語ってくれました。

dc080753.jpg

報告を受けた神林教育長から、
○平和について、自分が感じたこと・考えたことを大切にしていってほしい。
○友達に、家の人に、たくさんの人に伝えていってほしい。
○小さなことでいいので、自分ができることから行動してほしい。
という3つを、ぜひ実行してほしいとの依頼を、4人の生徒は、大きくうなずきながら聞いていました。

生徒が学んできたことは、各学校毎の報告会で、報告されます。
2学期の始業式の中で報告会を実施した学校もありますが、今後の文化祭、学習発表会等の中で実施する学校もあります。
また、本年度末までに報告書を作成して、各学校等に配布します。

投稿者: 市教B 日時: 2008年09月17日 07:44