見附市地場産マップができました

kmap.jpg

 見附市内のどこで、どんなものが作られているのかをマップでお知らせする「見附市地場産マップ」ができました。
 生産者の顔が見えることで、つくる人に感謝したり、地域のことを知る機会となり、ご家庭での食卓の話題として、食育をとりあげてはいかがでしょうか。
 多数の方々からご活用いただきたいと思います。


MAPをダウンロード

IMG_0698.jpg

 地産地消は、地域で生産された農産物や水産物をその地域で消費することとして、食育の大切さから全国の学校給食を運営する自治体で用いられるようになった用語です。
 見附市は、あえて「地産地消」を用いず「地消地産」を前面に押し出し、食の大切さを栄養士による指導と併せこれまで発信してきました。
 これは、単に地元で生産したものを地元で消費するだけでなく、「地域の需要の動きを把握しながら、それに見合った生産計画により、安定的な生産体制を構築する」という一歩進んだ取り組みと評価いただいています。
 「生産」のみを起点の発想とせずに「消費」をも発想の出発点に加味しているのが見附市の特徴です。

 学校給食センターが運営する「給食ギャラリー」は、センター受配校の毎日の「給食の献立写真」と併せて、「栄養士の一言コメント」や「今日の見附産」情報を添え、皆様にお知らせしています。

投稿者: 市教委A 日時: 2008年11月13日 17:39