皆既日食がやってくる!

7月22日(水)に日食が起こります。

s-2009070322535314833.jpg

日本では、全国で部分日食を観察することができます。
また奄美大島北部や屋久島、種子島南部などでは、皆既日食を観察することができます。
(皆既日食になると、太陽のまわりにはコロナが広がって見られますし、太陽表面から吹き出ている赤いプロミネンスなども観察することができます。)

日本の陸地に限れば、皆既日食が観察できるのは1963年7月21日、北海道で見られた皆既日食以来、実に46年ぶりです。
次回は2035年9月2日の北陸・北関東などで見られる皆既日食まで26年間起こりません。非常に珍しい現象です。
新潟県では、食は9時50分過ぎに始まり、11時10分過ぎが最大になります。観察の方法や注意を添付ファイルにしましたので、参考にしてください。

投稿者: 市教B 日時: 2009年07月14日 10:02