「平和の尊さを伝えたい」 ~中学生広島派遣報告会から~

 9月16日(水)の午後、8月4日(火)~7日(金)に実施した「中学生広島派遣」による平和推進研修報告会を行いました。
 研修に参加した市内4中学校からの代表4人が来庁し、市教育委員会の神林教育長に、広島で学んできたことを、作文と掲示資料で報告しました。

s-2009_08072009.jpg

「平和祈念式では、外国の方の多さに驚き、平和は世界共通の課題であると感じました。」 
「戦争は、悲しみや苦しみを生むものであり、絶対に繰り返してはならないと強く感じました。」
「被爆体験者の方の話では、もし自分だったらと置き換えて考えると、涙が止まりませんでした。」
「日々の学校生活から思いやりや協力の心を育み、小さな平和を築いていきたいと思います。」
代表の4名は、自分の感じたこと、考えたことを、自分なりの言葉で力強く語ってくれました。

s-IMG_4017.jpg

報告を受けた神林教育長から、
「とても、いいことを学んできました。各学校で学んだことをしっかりと伝えていってください。また、広島に行く前と後で、自分にどんな変化がありましたか。変化があったことは、自分自身の成長として、まとめなどの記録に残して、今後の生活に生かしていってください。」等、励ましの言葉があり、代表4名の生徒は、顔をしっかりと上げ、うなずきながら聞いていました。

s-IMG_4033.jpg

生徒が学んできたことは、各学校毎の報告会で、報告されます。既に終わった学校もありますが、今後の文化祭等で実施する学校もあります。
本年度末までに報告書を作成して、各学校等に配布します。

投稿者: 市教B 日時: 2009年09月17日 08:36