☆★先生も「職人」にはや変わり

 見附市では、主に夏休み期間中に学校管理員が共同して学校施設などの修繕を行う「スクールカーペンター事業」を毎年実施しております。
 8月1日、名木野小学校(桑原直哉校長、児童数404人)では、教職員が学校管理員に負けじと持ち慣れたペンを作業工具に持ち替えて校舎の修繕作業を実施しました。作業の結果、三階音楽室の床がきれいに張り替えられ、二学期に子どもたちが登校してくるのを待つばかりとなりました。
sDSCN0378.jpg

 また同日には、田井小学校(竹内政俊校長、児童数49人)の体育館外壁及びガラス洗浄作業、見附小学校(長谷川清校長、児童数681人)の樹木剪定作業も実施しました。高所作業車、高圧ポンプを使った洗浄作業は迫力満点です。
 8月8日(月)~10日(水)にはテニスコートの支柱取替・駐車場ライン塗装(見附中)、音楽室床タイル補修(南中)、図書室や廊下等の床タイル補修(今町中)、柔剣道場の蛍光灯交換(西中)、樹木剪定作業(特別支援学校)を実施するほか、10月上旬には生徒玄関等の窓ガラス清掃(見附小学校)を実施します。追って皆さまに事業報告しますので、お楽しみに♪

sIMG_2026.jpg
【田井小学校】高圧ポンプは迫力満点
sIMG_2040.jpg
【見附小学校】30m程にわたって樹木を剪定します

投稿者: 市教B 日時: 2011年08月02日 13:30