シリーズ「4時から夢塾」の第5回を開催しました

 1月17日(木)に、教職員の指導力向上を目的とした連続セミナー、「4時から夢塾」の第5回を開催しました。
 第5回は「全国学力調査のB問題の正答率を上げる単元・授業とは」をテーマに、燕市立吉田南小学校の山崎勝之教頭先生を講師に迎えて開催しました。
 国語の学習をテーマに、読む活動と表現する活動がつながらない現状を踏まえ、目的意識をしっかりと持たせて、単元をとおした一貫性のある言語活動を設定することの重要性についてお話しいただきました。
 また、セミナーの途中では、実際に教科書教材を読んで自分の考えを発表し合うグループワークも行われ、受講者が意見を話し合って考えを深める活動を実践しました。
 ただ教科書を読む学習ではなく、日常生活で使えるような読解力、表現力をつけられる授業を実践していくことが大事だということをお話しいただきました。
 具体的な学習方法について実践を交えてご教示いただき、とても有意義なセミナーとなりました。
130117%204zikara1.JPG 130117%204zikara2.JPG

投稿者: 市教B 日時: 2013年01月17日 19:00