平和への願い 誓う・伝える・広げる~中学生広島派遣事業の事前研修会~

 見附市では、毎年8月6日に広島市で行われる平和祈念式典に、見附市の各中学校の代表生徒4名を派遣しています。
 7月24日(水)に今年度の代表生徒4名が集まり、事前研修会を行いました。
 各校の代表は、「研修で学んだことを、家族・学校の仲間に伝えたい。」「全校生徒が千羽鶴に込めた思いを、原爆で亡くなられた全ての方にお届けしたい。」「広島がどのように復興してきたのかを知り、東日本大震災の復興などに対して自分に何ができるのかを考えたい。」など、作文にまとめた本研修への思いや決意を紹介してくれました。
 また、松井学校教育課長から、広島や長崎を訪問した経験と資料を紹介しながら、「見附市の代表として、全身を敏感にして精一杯学び、感じとってきてください。」と激励の言葉がありました。
 代表生徒4名は、8月4日から3泊4日の日程で、平和記念式典への参列、各校で作成した千羽鶴の献納、とうろう流しへの参加、広島平和記念資料館の見学や被爆者の方の講話を聞くなどして研修を深めます。また、研修を通して学び、感じた思いと成果を周りに伝え、広げていきます。
s-hiroshima-130724-1.jpg s-hiroshima-130724-2.jpg
s-hiroshima-130724-3.jpg s-hiroshima-130724-4.jpg

投稿者: 市教B 日時: 2013年07月24日 17:20