2013年09月のアーカイブ

給食たよりを更新しました

kyuusyoku.jpg


 給食だより10月号及びアレルゲン情報を更新しましたのでご覧ください。

投稿者: 市教B 日時: 15:05 |

平和への願い 誓う・伝える・広げる~中学生広島派遣事業の報告会を開催~

 見附市では、毎年、8月6日に広島市で行われる平和記念式典に見附市の中学生代表4名を派遣しています。
 9月24日(火)に、今年度の代表生徒4名による報告会が開催され、教育委員会及び学校関係者等が参加しました。
 代表生徒は、平和記念式典への参列、平和記念資料館の見学、被爆者の体験講話の視聴などの研修を通して学んだこと、多くの人に伝えたいこと、これからの生活に活かしたいことなど、自分の思いをしっかりと発表しました。
s-hiroshima-130924-1.jpg s-hiroshima-130924-2.jpg

【4名の代表生徒の発表の様子】
s-hiroshima-130924-3.jpg s-hiroshima-130924-4.jpg
s-hiroshima-130924-5.jpg s-hiroshima-130924-6.jpg

 また、中学校長会長の山本校長(見附中)から、「研修への感謝を伝え、広げようという責任感に満ちた発表で感動した。」という言葉がありました。また、神林教育長は、「学びがくらしを変えていきます。もっとよくするにはどうしたらいいかを常に考え、行動してほしい。素晴らしい発表でした。」と激励しました。
 代表生徒は、各学校でも研修の成果を発表します。また、これから研修のまとめとして報告書を作成します。
 発表用に大洋紙に記載した研修のまとめは、「ネーブルみつけ」にて掲示(~10月11日まで)しておりますので、どうぞご覧ください。

【代表生徒へメッセージを送る山本校長(見附市中学校長会長)と神林教育長】
s-hiroshima-130924-7.jpg s-hiroshima-130924-8.jpg

投稿者: 市教B 日時: 17:00 |

「4時から夢塾(第2回)」を開催!

 9月19日(木)、教職員を対象とした連続セミナー「4時から夢塾(第2回)」を開催しました。
 講師に、新潟大学教育学部附属長岡中学校 神子 尚彦教諭を迎え、「子どもの英語力を高める授業」をテーマとして開催しました。
 子どもを鍛える授業の実際を、神子先生による南中学校の生徒を対象にした公開授業という形で示していただきました。多くの参会者が神子先生の授業に刺激を受けるとともに、明日からの自らの授業改善への意欲を一層高めることができました。
s-yumezyuku2-130919-1.jpg s-yumezyuku2-130919-2.jpg
s-yumezyuku2-130919-3.jpg s-yumezyuku2-130919-4.jpg

投稿者: 市教B 日時: 11:03 |

元サッカー日本代表 遠藤彰弘さんが名木野小で特別授業~「ユメセン(夢先生)inみつけ」~

 見附市の進める「夢と志をはぐくむキャリア教育」の取組の一環として、9月19日(木)に名木野小学校(5年生対象)で、「ユメセンinみつけ」を実施しました。
 「夢先生」として授業を行ってくださったのは、元サッカー日本代表でオリンピックでも活躍した遠藤彰弘さんでした。
 前半の「ゲームの時間」では、「仲間と協力すること」「コミュニケーションの大切さ」などを、体を動かすゲームを通して学びました。
 後半の「トークの時間」では、遠藤さんから、自身の体験を通したお話を聞き、自分の夢、そのために努力することについて考えました。一流の実績を持つ「夢先生」に直接触れることができた今回の体験は、子どもたちにとって、とても刺激的で、貴重な体験となりました。

「ゲームの時間」の様子
s-yumesen-130919-1.jpg s-yumesen-130919-2.jpg

「トークの時間」の様子
s-yumesen-130919-3.jpg s-yumesen-130919-4.jpg
s-yumesen-130919-5.jpg s-yumesen-130919-6.jpg

遠藤さんからのメッセージ
 「苦しくなったとき、うまくいかなくて気持ちが落ち込んだ時にいかに踏ん張れるかが大切。その基礎をつくるのが小学校、中学校の段階です。」
 「考えて、行動する。そして、また考える。成功、失敗という結果だけでなく、その原因を考えて、また行動する。その繰り返しが重要です。」

投稿者: 市教B 日時: 10:47 |

小学校親善体育大会を開催!

 9月18日に第54回親善体育大会が、見附市運動公園で行われました。
 さわやかな秋晴れの中、市内小学校の児童が集まって親睦を深めながら、各自が練習してきた成果を発揮しました。
s-sinzentaiiku-130918-01.jpg s-sinzentaiiku-130918-02.jpg
s-sinzentaiiku-130918-03.jpg s-sinzentaiiku-130918-04.jpg
 開会式後に、他校の児童と、手作り名刺の交換をしました。
 他の小学校の児童と一緒に一生懸命競い合いました。また、グラウンドいっぱいに仲間を元気に応援する声が聞かれました。
s-sinzentaiiku-130918-05.jpg s-sinzentaiiku-130918-06.jpg
s-sinzentaiiku-130918-07.jpg s-sinzentaiiku-130918-08.jpg
 当日は、多くの地域の方や保護者の方からも応援をいただき、子どもたちも大いに励みになりました。
s-sinzentaiiku-130918-09.jpg s-sinzentaiiku-130918-10.jpg
s-sinzentaiiku-130918-11.jpg s-sinzentaiiku-130918-12.jpg
入賞者一覧はこちらをご覧ください。

投稿者: 市教B 日時: 09:31 |

「みつけコミュニティ・スクール」~文部科学省指定研究の取組及び成果等を紹介します!~

 見附市では、平成23年度から文部科学省の指定を受け、「コミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)の推進への取組」の実践研究を行ってきました。
 平成24年度の取組及びこれまでの成果等をまとめたリーフレットができました。
 見附市では、今年度からすべて学校で「コミュニティ・スクール」をスタートしております。今後とも、見附市、そして地域の子どもたちの健やかな育ちに向けて、お力添えをいただきますようお願いします。

リーフレット表紙
130906-cspanf.jpg
リーフレットの詳細はこちらから(みつけコミュニティ・スクールNaviへリンク)

投稿者: 市教B 日時: 16:45 |

教育委員会が開催されました

平成25年8月29日開催の第4回教育委員会定例会で、次のとおり報告及び議案につき審議が行われました。
%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg

bouncingBall.gif続きを読む "教育委員会が開催されました" »

投稿者: 市教B 日時: 14:43 |

第1回「4時から夢塾」を開催!~キャリア教育の重要性と実践上のポイント~

 見附市では、教員の力量、指導力の向上を目指して、教職員を対象にした連続研修セミナー「4時から夢塾」を実施しています。9月2日(月)に新潟大学教育学部の松井賢二教授を講師にお迎えし、今年度第1回目の講座を実施しました。
 松井先生からは、キャリア教育の必要性、国の最新の動向を踏まえ、各学校で2学期の実践に直結する具体的な指導のあり方をご示唆いただきました。
 ご指導いただいたキャリア教育実践上のポイントやキーワードを一部紹介します。

 ○「役割」を果たすことができる子どもを育成する。
 ○「当たり前のこと」が当たり前にできることの大切さ。
 ○「将来」を考えると同時に、足元の「今」を見つめる。
 ○「人はどうして働くのか」を問いかけ、考えさせる。

 2学期の教育活動のより一層の充実を目指していきます。
s-130905-4jikara-1.jpg s-130905-4jikara-2.jpg
s-130905-4jikara-3.jpg s-130905-4jikara-4.jpg

 「4時から夢塾」は、参加しやすさなども考慮し、基本的には4時に開始し、45分の講座です。また、教科の指導方法など、子どもの確かな学力の定着に直結する内容を10回程度のシリーズで実施します。

○今後の予定を紹介します!
【第2回】 9月19日(木) 15:10~16:45 南中学校にて
    「子どもの英語力を高める授業 ~子どもを鍛える授業を実際に見よう~」
    神子尚彦先生(新潟大学教育学部附属長岡中学校)による示範授業と講義
【第3回】 9月27日(金) 16:00~16:45 見附市役所 大会議室にて
    「新潟の算数・数学 苦手分野をどう指導するか!!」
    泉田雅彦指導主事(新潟県立教育センター)による講話

投稿者: 市教B 日時: 08:42 |

平成25年度 全国学力・学習状況調査の結果について(速報①)

 今年度全国で実施された標記調査の結果が、文部科学省より届きました。この調査は、4月に全国の小学校6年生、中学校3年生を対象に実施されたものです。
 すでに、テレビ、新聞等で、都道府県別の平均正答率が公表されていますが、見附市の学力の状況についてお知らせします。以下の表をご参照ください。
 見附市の平均正答率は、小学校では、実施された全ての調査(国語A、国語B、算数(数学)A、算数(数学)B)において、学力向上の取組の成果が見られ、国と県の正答率を大きく上回りました。特に国語A(主として知識を問う問題)では、国の数値を5ポイント以上、国語B(主として活用を問う問題)でも4ポイント程上回るなど、これまでの取組の成果が認められました。
 また、中学校でも、国と県の正答率をすべて上回り、特に国語Bにおいては、各校の取組の成果から、県の正答率を3ポイント近く上回りました。
 今後、市として学力調査の結果を分析し、より一層、学習指導の改善や教員の指導力の向上を図り、児童生徒への確かな学力の定着を目指します。
 また、学習意欲や学力は、基本的な生活習慣の定着、家庭学習や読書の習慣などとも関連が深いと言われています。今後、学習状況調査の結果についても分析を行い、皆さんにお知らせするとともに、見附市の取組の改善に生かしていきたいと考えています。

<表>平成25年度全国学力・学習状況調査結果(クリックで拡大します)
130904%20gakuchouresult.jpg

投稿者: 市教B 日時: 09:51 |

子どもたちの様子を伝える「エプロン特派員レポート」をご覧ください!

 見附市では、「エプロン特派員制度」を設けております。
 これは、地域の方に「エプロン特派員」となっていただき、各校の教育活動や地域における子どもたちの様子を、タイムリーに情報提供していただき、地域・保護者、そして、学校を結ぶ架け橋の役として活動いただいているものです。
 エプロン特派員の方に作成していただいた記事は、見附市教育委員会Webページの「エプロン特派員レポート」に掲載されています。平成25年度は、7月までに85件もの記事が掲載されました。ぜひご覧ください。
130903%20epuron.jpg
 今後も記事の更新をお楽しみに!

投稿者: 市教B 日時: 09:13 |