元サッカー日本代表 遠藤彰弘さんが名木野小で特別授業~「ユメセン(夢先生)inみつけ」~

 見附市の進める「夢と志をはぐくむキャリア教育」の取組の一環として、9月19日(木)に名木野小学校(5年生対象)で、「ユメセンinみつけ」を実施しました。
 「夢先生」として授業を行ってくださったのは、元サッカー日本代表でオリンピックでも活躍した遠藤彰弘さんでした。
 前半の「ゲームの時間」では、「仲間と協力すること」「コミュニケーションの大切さ」などを、体を動かすゲームを通して学びました。
 後半の「トークの時間」では、遠藤さんから、自身の体験を通したお話を聞き、自分の夢、そのために努力することについて考えました。一流の実績を持つ「夢先生」に直接触れることができた今回の体験は、子どもたちにとって、とても刺激的で、貴重な体験となりました。

「ゲームの時間」の様子
s-yumesen-130919-1.jpg s-yumesen-130919-2.jpg

「トークの時間」の様子
s-yumesen-130919-3.jpg s-yumesen-130919-4.jpg
s-yumesen-130919-5.jpg s-yumesen-130919-6.jpg

遠藤さんからのメッセージ
 「苦しくなったとき、うまくいかなくて気持ちが落ち込んだ時にいかに踏ん張れるかが大切。その基礎をつくるのが小学校、中学校の段階です。」
 「考えて、行動する。そして、また考える。成功、失敗という結果だけでなく、その原因を考えて、また行動する。その繰り返しが重要です。」

投稿者: 市教B 日時: 2013年09月24日 10:47