平和への願い 誓う・伝える・広げる~中学生広島派遣事業の報告会を開催~

 見附市では、毎年、8月6日に広島市で行われる平和記念式典に見附市の中学生代表4名を派遣しています。
 9月24日(火)に、今年度の代表生徒4名による報告会が開催され、教育委員会及び学校関係者等が参加しました。
 代表生徒は、平和記念式典への参列、平和記念資料館の見学、被爆者の体験講話の視聴などの研修を通して学んだこと、多くの人に伝えたいこと、これからの生活に活かしたいことなど、自分の思いをしっかりと発表しました。
s-hiroshima-130924-1.jpg s-hiroshima-130924-2.jpg

【4名の代表生徒の発表の様子】
s-hiroshima-130924-3.jpg s-hiroshima-130924-4.jpg
s-hiroshima-130924-5.jpg s-hiroshima-130924-6.jpg

 また、中学校長会長の山本校長(見附中)から、「研修への感謝を伝え、広げようという責任感に満ちた発表で感動した。」という言葉がありました。また、神林教育長は、「学びがくらしを変えていきます。もっとよくするにはどうしたらいいかを常に考え、行動してほしい。素晴らしい発表でした。」と激励しました。
 代表生徒は、各学校でも研修の成果を発表します。また、これから研修のまとめとして報告書を作成します。
 発表用に大洋紙に記載した研修のまとめは、「ネーブルみつけ」にて掲示(~10月11日まで)しておりますので、どうぞご覧ください。

【代表生徒へメッセージを送る山本校長(見附市中学校長会長)と神林教育長】
s-hiroshima-130924-7.jpg s-hiroshima-130924-8.jpg

投稿者: 市教B 日時: 2013年09月25日 17:00