自分と相手を大切にするネット社会の生き方~ネットトラブルを未然に防ぐ、その方法~

 2月18日(火)に今町小学校を会場に、今町小・今町中連携で、標記の演題でネットトラブル対応講演会を実施しました。講師は、安川雅史さん(全国Webカウンセリング協議会理事長)でした。
 本講演会は、今町小学校の6年生、今町中学校の1、2年生を対象としたものでしたが、見附市PTA連合会の後援をいただき、市内全学校の保護者にも広くご案内いたしました。
 講師の安川さんからは、実際にインターネット上で大きなトラブルとなった事例の紹介とともに、安易なネット上の書き込み等がいかに危険をはらんでいるのか、フィルタリングの設定の重要性などについて詳しくご説明いただきました。
 ツイッター、ラインなどのネット上のコミュニケーションの中で、多くのトラブルが起こっていることから、実際に互いの顔を見ながら行うコミュニケーションの重要性についてお話がありました。
 また、携帯電話やスマートフォンを食事中や勉強中にも操作していたり、深夜遅くまで利用したりしていることの問題点について、子どもたちの心に響く指導がありました。
 今後、今町小、中学校では、参加者から「ネットトラブルを防止する標語」を募集し、各家庭や地域に配布、掲示する予定です。
 ネットトラブルを未然に防ぐためには、子どもはもとより、大人が知識と理解を深め、子どもに対して適切で安全な利用を指導するとともに、責任を持って見守っていく必要があります。
s-140218-netkouenkai-1.jpg s-140218-netkouenkai-2.jpg
s-140218-netkouenkai-3.jpg s-140218-netkouenkai-4.jpg

投稿者: 市教B 日時: 2014年02月24日 09:49