「学校いじめ防止基本方針」の策定に向けて~教頭会において、検討・意見交換を行いました~

 昨年9月に「いじめ防止対策推進法」が施行され、各学校におけるいじめの防止等のための対策に関する基本的な方針、「学校いじめ防止基本方針」を策定することが義務付けられました。
 これは、学校のいじめ対策の取組を組織的、実効的に行うことを目的としており、例えば、いじめの未然防止のための取組、早期発見・早期対応の在り方、教育相談体制、いじめへの対処など、各学校で実施する内容が盛り込まれます。
 見附市では、全市立学校13校が、今年度中に各学校の基本方針を策定する予定です。現在、各学校では、今までの取組や組織について見直しと工夫改善を図り、未然防止や早期発見の取組をより効果的なものとするよう、年間スケジュールの中で検討するとともに、自校の実情等を踏まえながら策定を進めています。
 2月26日(水)に実施された教頭会では、各校の中間案を持ち寄り、内容について検討や意見交換をしました。今年度内に策定し、各学校や市教育委員会のホームページ等で公表する予定です。
 見附の子どもの健やかな成長のために、いじめ等の生徒指導上の諸問題に正面から向き合い、しっかりと対応していきたいと思います。
 なお、見附市が策定する「見附市いじめ防止等のための基本的な方針(仮称)」(案)につきましては、現在、パブリックコメントを実施中です。
s-140226-kyoutoukai-1.jpg s-140226-kyoutoukai-2.jpg
s-140226-kyoutoukai-3.jpg s-140226-kyoutoukai-4.jpg

投稿者: 市教B 日時: 2014年02月27日 08:40