「学校のみどり創出モデル事業」第3回ワークショップ(田井小学校)を開催しました

sIMG_4584.jpg  sIMG_4585.jpg
「森の設計図」作成の為、築山の傾斜等について議論します

 2月にお伝えした通り、平成26年度から本格実施する「学校のみどり創出モデル事業」に先立ち、3月6日(木)第3回ワークショップを田井小学校で開催しました。
 実際の施工(森造成等の実動作業)に取組む平成26~28年度に向け、「森の設計図」作製や、具体的作業手順等の確認を目指しました。
 「背の高いシンボルツリーを設けたい」「スキー授業で利用出来る築山を設けたい」「植樹作業は、毎年度実施したい」等、ワークショップの回を重ねるごとに新たなアイデア、要望等が多数発言されました。この他、「新設を予定する池にザリガニを入れてしまうと、生態系が崩れる懸念がある」という専門的見地からのアドバイスもありました。
 全3回の開催を予定したワークショップはこれで終了し、平成26年4月以降は、いよいよ森造成等の実動作業を開始します。
 本事業は、北谷南部みつばコミニティ、PTA、学校利用団体等の協力のもと実現する事業ですので、多くの皆様のご協力をお願いします。

投稿者: 市教B 日時: 2014年03月07日 14:13