「好循環」を生む学校~文部科学省指定事業の取組及び成果等を紹介します!  ~

 見附市では、保護者・地域の皆さんのお力添えをいただき、子どもが抱える課題を地域ぐるみで解決する仕組みを機能させるとともに、より質の高い学校教育の実現を目指して取組を進めてきました。
 そのためには、保護者や地域の皆さんの声やお力を学校評価に生かし、学校のマネジメント力の強化を図ることで、学校の元気と地域の活性化につながる、「プラスの連鎖=好循環」を創出することが大切です。
 学校主体の学校評価から、保護者・地域の参画型学校評価へと発展させ、「学校と地域が元気になる好循環」の創出を目指し、平成25年度に文部科学省の指定事業に取り組んできました。を平成23年度から文部科学省の指定を受け、「コミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)の推進への取組」の実践研究を行ってきました。
 そして、平成25年度は、市内全校を文部科学省の研究指定校として実践研究を進めてきました。 これまでの取組及びこれまでの成果等をまとめたリーフレットができましたので紹介します。
 今後とも見附市、そして地域の子どもたちの健やかな育ちに向けて、お力添えをいただきますようお願いします。
26.5.09.1.jpg


☆リーフレットの内容は、ここちらから

投稿者: 市教B 日時: 2014年05月09日 11:03