平成26年度 全国学力・学習状況調査の結果について(速報)

  ~平均正答率が県・全国を上回りました!~

 今年度全国で実施された標記調査の結果が、文部科学省より届きました。この調査は、4月に全国の小学校6年生、中学校3年生を対象に実施されたものです。
 見附市の平均正答率は、小学6年、中学3年において、実施された全ての調査(国語A、国語B、算数(数学)A、算数(数学)B)で、新潟県と全国の正答率を上回りました。
 特に小学校では、活用力を問うB問題において、国語で全国平均を11.0ポイント、算数でも全国平均を6.1ポイント上回りました。
 また、中学校でも、国と県の正答率をすべて上回るとともに、数学においては、数学A、数学Bともに県及び国の正答率を2ポイント以上上回りました。
 これまでの見附市の学力向上に向けた取組の成果が表れたものと考えております。
今後、市として学力調査の結果を分析し、より一層、学習指導の改善や教員の指導力の向上を図り、児童生徒への確かな学力の定着を目指します。
 また、学習意欲や学力は、基本的な生活習慣の定着、家庭学習や読書の習慣などとも関連が深いと言われています。今後、学習状況調査の結果についても分析を行い、皆さんにお知らせするとともに、見附市の取組の改善に生かしていきたいと考えています。

投稿者: 市教B 日時: 2014年09月01日 08:55