平和への願い 誓う・伝える・広げる ~ 中学生広島派遣事業の報告会より ~

 見附市では、毎年、8月6日に広島市で行われる平和記念式典に見附市の中学生代表4名を派遣しています。この事業は、平成8年に始まり、今年で19回目となります。
 10月9日(木)に、代表生徒4名による報告会が開催されました。代表生徒4名は、見附市議会議員、教育委員会及び学校関係者など約40人の参加者の前で、平和記念式典への参列、平和記念資料館の見学、被爆者の体験講話の視聴などの研修を通して学んだこと、多くの人に伝え広げていきたいこと、これからの生活に生かしたいことなど、自分の考えを堂々と発表しました。
 中学校長会長の古川校長(見附中)からは、「それぞれの思いが伝わる、素晴らしい発表でした。実体験を通して得た貴重な経験、自分の考えをこれからも多くの人に伝え、広げてください。」と激励の言葉がありました。
 代表生徒は、各学校でも研修の成果を発表してきましたが、今回の発表用に大洋紙に記載した研修のまとめは、「ネーブルみつけ」に展示する予定です。どうぞご覧ください。
また、これから研修のまとめとして報告書を作成します。この報告書については、図書館やコミュニティセンターでご覧いただけるようにする予定です。
26.10.14.1.png26.10.14.2.png
26.10.14.3.png26.10.14.4.png
26.10.14.5.png26.10.14.6.png

投稿者: 市教B 日時: 2014年10月14日 06:39