ユネスコスクールに認定された見附市内13校の取組を紹介します!

 見附市では平成22年の見附小学校、田井小学校を皮切りに「ユネスコスクール」への加盟申請を進め、昨年度の見附中学校と西中学校の認定により市内小・中・特別支援学校全13校が登録を完了しました。
 ユネスコスクールは、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)憲章に示された理念を学校現場で実践するため1953年に発足しました。県内は25の公立小・中・特別支援学校が加盟(H26.12現在)しており、市内全校認定は見附市が県内初とのことです。
 各校の長年にわたる環境教育、防災教育、食育等の取組が着実に成果を上げ、その質の高さがユネスコ本部(パリ)に認められたものと考えています。
全校認定のこの機会に、各校の取組のエッセンスを取り上げ、好事例を見附市内の教職員で共有していくためにパンフレット(THINK GLOBALLY ACT LOCALLY)を作成しました。
 地球規模で考えるとともに、自分が生まれ、学び、育っているこの「見附」から行動し、未来を拓いていく子どもたちの育成居向けて今後とも努力してまいります。
tgal.png

☆ 教育長巻頭言・ユネスコスクールとは・見附市の加盟登録の歩み

☆ 小学校(8校)の紹介

☆ 中学校(4校)・特別支援学校(1校)の紹介
☆ あとがき

投稿者: 市教B 日時: 2015年01月16日 09:45