☆見附小学校が初の最優秀スクールに☆エコスクールチャレンジプロジェクト表彰式を開催しました☆

☆見附小学校が初の最優秀スクールに☆エコスクールチャレンジプロジェクト表彰式を開催しました☆

009-2.jpg

神林教育長が、布川校長(見附小)に賞状を授与します


014-2.jpg

川崎校長(上北谷小)に賞状を授与。6年連続の受賞となります


017-2.jpg

青野校長(葛巻小)に賞状を授与しました


007-2.jpg

表彰に先立ち、神林教育長から講評をいただきます


019-2.jpg

今年度も、全校の先進的取組をまとめた報告書(冊子)を作成しました

 このプロジェクトは、学校におけるユニークな環境活動を推進し、エコロジー活動の一層の高まりを図ることを狙いとしています。優れた取組を行った学校に対してインセンティブ制度を設けており、予算の追加配当を行いました(今年度で7年目)。
 全小・中・特別支援学校で独自の取組が完了し、審査した結果、「2カップ運動」を行い歯磨きでの節水を家庭と連携しながら実践したり、電気使用量の節約等を取り組んだ見附小学校が、最も優れた取組として「最優秀エコスクール」に輝きました。同校は「最優秀エコスクール」を初受賞となりました。
 2月3日(火)に表彰式を開催し、児童達が実践した模範となる取組を讃える表彰状が、神林教育長から授与されました。
 見附小学校の他、「水質検査」「水辺環境調査」に取組み、環境を守る意識を高める活動等を行った上北谷小学校、「くずまきの森」の環境を活かした生活科の学習等、森と関わる教育活動に取り組まれた葛巻小学校が、優秀な取組として評価されました。
 本プロジェクトは、全校で複数のエコロジー活動を組合わせ、様々な角度から環境学習を推進することで、「見附環境元年(平成22年度)」が目指す「深呼吸したくなる街」の創造に繋げます。


●その他高評価となった取組
・小さな活動でも人のためになる社会貢献の気持ちを高めた「エコキャップ運動」の事例(見附第二小学校)
・4年生児童が総合的な学習で環境について取り組み(EMボカシを使っての土づくり、牛乳パックを生かした椅子作り等)を行ったり、講師を招いて学習する事例(新潟小学校)
・「給食残渣0」を目指す為、給食残量調査を日常的に行い、その結果を学年ごとに発表する事例(南中学校)
・見中絵道(学校前の坂道:見中坂)に生徒作品を掲示する活動に合せて、ボランティア生徒が道路清掃に取組む事例(見附中学校)
・「今町小エコシステム」(太陽光や雨水利用)を活用し、5,6年生児童が理科、総合的な学習の時間で今小エコシステムを応用する事例(今町小学校) 等

投稿者: 市教B 日時: 2015年02月05日 11:11