全中学校でフッ化物洗口に取り組んでいます。

見附市では、平成8年度から小学校、公立保育園とフッ化物洗口によるむし歯予防に取り組んできています。昨年度からは、これらの取組を拡大し、中学生の時期に生えそろう第2大臼歯をむし歯から守り、生涯にわたって歯と口の健康を守ることを目的に、保健所、歯科医師会、薬剤師会の皆様からご指導いただき、全中学校でフッ化物洗口の実施に向けて取組を進めてきました。

今年度、全中学校では、希望者が週1回、時間を決め一斉にフッ化物洗口を実施しています。中学校に入学し継続してフッ化物洗口を実施する中学1年生の割合は99%です。
保育園、小学校での実施率と同様の高い実施率となっており、生涯にわたっての歯と口の健康が維持されていくことが期待できます。

【西中学校でのフッ化物洗口の様子】
001%20%28200x150%29.jpg 015%20%28200x150%29.jpg 017%20%28200x150%29.jpg

投稿者: 管理者 日時: 2016年06月02日 09:31