~県内初の快挙~  見附小学校が平成28年度日教弘教育賞の最優秀賞を受賞 ~みつけ一番星~


  平成28年度日教弘教育賞(主催:公益財団法人日本教育公務員弘済会)で、見附小学校の実践研究「ふるさと見附を愛する子どもを育む地域教育プログラムの創造」が学校部門の最高位となる最優秀賞を受賞します。表彰式は、3月16日に東京都で行われます。

  見附小学校では、ふるさと見附を愛する子どもを育むため「地域に学び、地域でつながり、地域を創る」学習に取り組んでいます。平成26~28年度の3年生が学校と地域のもつ課題解決を図るために、「盛り上げよう 私たちの大好きな商店街」をテーマに、学校、子ども、商工会、商店街が協働して知恵を出し合い「お店のゆるキャラとポスター作り」「スタンプラリー大作戦」「オリジナルおまけ作り」「商店街のCM作り」等の実践に取り組みました。

 これらの実践を通して、子どもたちは大きく成長し自己有用感や地域への愛着を高めることができました。また、「子ども達から刺激を受け新しい機械を導入した」「子どもたちの声で賑わい商店街が明るくなった」等のお店の方の感想もあり、学校、子ども、商工会、商店街のそれぞれがwin-winとなる仕組みづくりをプログラム化したことが高く評価され、今回の受賞につながりました。

417-1%20%28200x150%29.jpg 357-1%20%28200x150%29.jpg

投稿者: 市教B 日時: 2017年03月09日 17:34