平和への願い 誓う・伝える・広げる ~ 中学生広島派遣事業の事前研修会より ~

 見附市では、毎年、8月6日に広島市で行われる平和記念式典に、中学生代表4名を派遣しており、今年で22回目となります。
 7月24日(月)に今年度の代表生徒4名が集まり、事前研修会が行われました。
代表生徒は、各校で作った献納する千羽鶴を持参し、本研修にかける思いや決意、平和についての自分の考えなどを堂々と発表しました。
 阿部学校教育課長からは、「皆さんは、見附市の中学生の代表であるとともに、市民の皆さんを代表しての派遣研修です。派遣とは任務を遂行することです。代表としての自覚をもち、しっかりと準備をして、五感で感じ取り、自分なりの思いや感じたこと、考えたことを全校生徒、家族、市民の皆さんに伝えてください。そして、平和の状態が続くために得た情報を互いに共有し、どのように行動に移すかを考えてください。」と激励の言葉がありました。
 代表生徒4名は、8月4日(金)から3泊4日の日程で、平和祈念式典への参列、各校で作成した千羽鶴の献納、とうろう流しへの参加、広島平和記念資料館の見学や被爆者の方の講話を聞くなど研修を深めます。
 また、研修の成果をまとめ、各校や教育委員会で報告会を実施するなど、感じた思いや学んだことを伝え、広げる活動を行います。

%E4%BB%8A%E4%B8%AD.jpg %E9%98%BF%E9%83%A8%E8%AA%B2%E9%95%B7%E6%8C%87%E5%B0%8E.jpg

soudann%20.jpg %E9%9B%86%E5%90%88%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg

投稿者: 管理者 日時: 2017年07月27日 10:27