世界の異文化に触れる”中学生海外派遣事業2017”

 次代を担う市内在住の中学生から海外の異文化に触れてもらい、豊かな人間性や国際感覚、広い視野を身に付けてもらおうと、今年もベトナム・ダナン市への中学生海外派遣事業が実施されました。

IMG_1997_thumb.jpg

 見附市は、9年前からベトナム・ダナン市へ中学生を派遣しています。
 今年は8月10日から8泊9日の日程で、6人が参加。現地の中学校や日本語学校を訪れ、事前に学習していたベトナム語での自己紹介やベトナムの歌を現地の方々に披露しました。 また、ポスターを使って見附市の紹介を行ったり、現地の人からダナン市の紹介を聞いたりして、交流を深めるとともに、3泊4日のホームステイも経験しました。
 ホストファミリーの中には、今年6月に見附市を訪問した中学生の家族もあり、再会を喜びました。 他にも、日系企業への訪問や歴史的な観光スポットなどを訪れ、現地の文化や食などを体験。
 この事業をとおし、自分自身を一回りも二回りも成長させてくれる貴重な機会となりました。

◆本事業は後日、報告集にまとめられて市ホームページ等で公表される予定です。

平成29年度見附市中学生海外派遣事業
◇目的
 ベトナムの文化や風土に直接触れ、さらに人々と交流することにより、自らの国際感覚を養い国際理解を深めると同時に、日本を再認識する機会とすることを目的とする。

◇期間
平成29年8月10日(木)~18日(金)

◇派遣先
ベトナム社会主義共和国 ダナン市

◇参加した中学生の感想
▼「言語」という道具がなくても、身振り手振りや、口調などで話の内容が分かることに気づかされました。
▼ベトナムはとてもエネルギッシュで、パワーを感じました。勉強でも何事にも意欲的で、見習うところがありました。
▼ベトナムの良いところをたくさん知り、ベトナム人には日本の良いところを教えることができて、とても良い経験をすることができました。


ホームページ素材

投稿者: 市教委A 日時: 2017年10月11日 17:28