人権教育、同和教育講演会(主催:見附市教育委員会)を開催しました

 部落解放新潟県連合会 専門委員 脇本 正評 様を講師にお迎えし、人権教育、同和教育講演会を実施しました。これは、見附市教育委員会が主催する、市内教員全員を対象とした悉皆研修であり、保護者、保育園の関係者、行政などを含む小、中、特別支援学校の270人を超える皆さんのご参加をいただきました。
 演題は、「部落差別解消のために」でした。県内で起きた部落差別の歴史にまつわるお話について、長岡での高校生ロックバンド事件や小千谷西高校差別授業、糸魚川結婚差別事件など、具体的な事例をもとにご講演いただきました。これらの事件が、見附市と大きくかかわっていることをご講演に取り入れていただいたことで、参加者全ての心に強く響きました。そして、脇本様の「皆さんがきちっと教えてくれないと、ネットによって差別意識を埋め込まれてしまう。」といったお言葉から、参加者は日頃の指導を振り返り、決して差別を許してはいけないという気持ちを再認識することができました。
 このたびの講演会でご指導いただいた内容を大切にし、今後も子どもたち一人一人に寄り添った「かかわる同和教育」を推進してまいります。

IMG_2279_R.JPG IMG_2290_R.JPG

投稿者: 市教B 日時: 2019年12月19日 11:36