いこいの森20周年を祝う会(2016年11月11日)

                                                       
                                                     校長 和田 真理子 

 当校の学校の森“いこいの森”が生まれて20年目を迎えました。
 当日は、ツリーハウス製作をご指導くださった遠藤ケイ様、いこいの森の整備にご尽力くださっている佐藤久敬様をはじめとする「いこいの森整備隊」の皆様をご来賓にお迎えして祝う会を行いました。
 今でこそ、90数本の木々が伸び伸びと育っているいこいの森ですが、森が誕生した頃は、新校舎設立で出た残土の上に数本の樹木が植えられていました。土の性質も木の成長にはあまりよいものではありませんでした。それを改善しようと、現在の子どもたちの先輩にあたる児童や保護者・地域の皆様の努力の継続によって、豊かな森となりました。
 祝う会は、5・6年生の音楽発表、遠藤ケイ様のお話、4年生企画によるネイチャーゲーム、いこいの森の看板披露、いこいの森整備隊の方々へのお礼などで楽しみました。これまで整備に携わってくださった方々への感謝の気持ちをもつ素晴らしいひとときとなりました。これからもいこい森は「新小の宝」です。

   <いこいの森20周年を祝う会記念DVDより>

<NIC見附北地域版に紹介されました>2016年12月16日



▲ページの先頭へ