記事一覧

全校朝会

ファイル 497-1.jpgファイル 497-2.jpgファイル 497-3.jpg

10月4日(火)の全校朝会では、夏休みに取り組んだ作文コンクールと、1学期から継続して取り組んでいるボランティア活動の表彰を行いました。表彰をされた子どもたちの表情は、皆誇らしげでした。
 表彰に続いて、山本校長から「パラリンピックから考えること」というお話がありました。パラリンピックの画像も参考にしながら、もし体の不自由な人に会ったらどんなことができるか、何に気をつけなければいけないかを子どもたちと一緒に考えました。そして「体の不自由な人がいたら声をかけ、助けてあげると良いこと」「差別は絶対にしてはいけないこと」「人には誰にでも得意不得意があることを理解し、それぞれの個性を認め、誰とでも仲よく関われる子になってほしいこと」を子どもたちに伝えました。名木野小学校では、これからも普段の学校生活や見附特別支援学校との交流活動を通して、「誰とでも仲よく公平に関われる子」「相手を思いやり、進んで協力する子」を育てていきます。