*--学校行事--*

「五月晴れの下、元気に遊ぶ子どもたち」 昼休み 5月18日(月)

 5月の気持ちよい風がグラウンドを駆け抜けます。本格的に教育活動をスタートさせた18日(月)、五月晴れの下、グラウンドで元気に遊ぶ子どもたちの姿がありました。


「タブレットの活用方法を学ぶ」 職員研修 5月14日(木)

 新しく学校に導入されたタブレット型のパソコンの活用方法を学ぶ職員研修を行いました。講師に専門知識を有する方からお出でいただき、タブレットの基本操作やタブレットを活用した授業の在り方、さらには、校舎外での使用の仕方などを研修しました。今後、オンライン授業を始めとする田井小学校のインターネットを活用した授業の在り方について整備を進める予定です。


「田井の地域を学ぶ」 学区探検 5月13日(水)

 3・4年生が田井の町探検に出掛けました。これは、社会科と「総合的な学習の時間」の学習で、子どもたちが地域を歩き、神社や施設などを訪ね、田井の地域と自分たちの暮らしの関係を学ぶ学習です。子どもたちは普段、登下校で歩いている道路や消防施設を調べたり、途中で見掛けた道路標識や神社に立ち寄ったりするなど、住んでいる地域を再発見しました。


「いつ食べられるの?」 さつまいもの苗植え 5月13日(水)

 地域の方からお手伝いをいただいて、学校畑に子どもたちがさつまいもの苗を植えました。畑の畝に小さな穴を掘り、丁寧に植えました。苗を植えるとその横に水でたっぷり浸したもみ殻を入れました。今年は全校一斉ではなく、学年毎に分散して植えました。収穫は9月の上旬を予定しています。1年生は地域の方に「いつ食べられるの?」と聞きながら植えていました。


「また、元気に会おうね!」 オリジナル鯉のぼり 4月24日(金)

「また元気に会おうね!」「コロナに負けずに頑張ろう!」などと書かれた鯉のぼりが田井小学校の児童玄関に掲示されました。これは3・4年生の子どもたちが、明日から休校で会えなくなる仲間へ贈るメッセージを書いて掲示したものです。
 素敵な鯉のぼりに田井小学校の子どもたち、教職員、元気をもらいました。


「今年も登場、田井小くまモン」 1年生を迎える会 4月16日(木)

 みつば児童会主催の「1年生を迎える会」が行われました。入学して1週間、ドキドキの1年生4名がみつば児童会の仲間入りをしました。
 お兄さん、お姉さんの上級生が綺麗に飾った体育館、学校紹介や楽しいダンス、そして、歓迎のプレゼント、最後に田井小くまモンが登場し、「みんなで遊ぼうね」と1年生に呼び掛けました。上級生と田井小のゆるキャラたち、みんなで1年生の入学をお祝いしました。


「いかのおすし一人前!」 第1回避難訓練 4月10日(金)

 今年度第1回の町内子ども会を開催しました。登下校のことや各町内の危険箇所について話し合いました。町内子ども会終了後、体育館に全校児童が集合し、登下校や休日に不審者に遭遇した時の対応の仕方等について学びました。
 最後に校長先生から、
「『命を守ること』そのためにも、『いかのおすし一人前!』を大切にしましょう。」
とメッセージがありました。


「元気にあいさつをしよう」 さわやか朝会 4月9日(木)

 最初に、「校長先生とジャンケンをしよう!」のコーナーがありました。
「勝った子、引き分けた子、負けた子、それぞれに意味があるよ。」
とのお話がありました。
 続いて、代表児童2名が1学期のめあてについて発表しました。一つ学年が上がり、「頑張るぞ!」の決意を発表しました。
 最後に、4・5月の生活目標「さわやか ハート大作戦!」についてのお話がありました。今回は、「あいさつをしよう」「返事をしよう」「場に合った言葉づかいをしよう」「新年度の目標をもとう」が合言葉です。


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
038830
[TOP] [LIST]
shiromuku(pl)DIARY version 2.70