自分の命を守る

                                                  校長 和田真理子 

 4月24日(月)、「家庭科室より出火」を想定して今年度初めての避難訓練を実施しました。
 今回は、見附市消防本部より指導者2名をお招きし、屋外への避難の様子を見ていただいたり、スモークマシンで煙をたいて児童全員が充満した煙の中を通過する体験をさせていただいたりしました。煙体験は、子どもたちにとって、驚きと再確認の貴重な体験となりました。
   
 ▲ 煙体験① 煙で真っ白になった
  家庭科室を不安そうに見つめる1年生
 ▲ 煙体験②煙の中を姿勢を低くして!

 3月下旬に栃木県那須町で、登山安全講習会に参加した高校生と教員が雪崩に巻き込まれ、7人の生徒と1人の教員が亡くなりました。雪に埋まると、雪の圧力で短時間に窒息する危険があります。雪に埋もれたとき、手で口を覆うなどして呼吸のための空間を確保することが生存時間を延ばすカギです。実際、雪に埋もれて、口のまわりの雪を食べて空間を作った生徒がいたそうです。事故に遭遇したときに自分の身を守るためには、いろいろな条件に対処しなければならない場合があります。でも、たった一つのことを知っている、それを実践することで守れる命があることも事実です。
 5月には交通安全教室があります。当日は見附市交通指導員の方や駐在所の諸橋様から来ていただき、正しい自転車の乗り方と安全な歩行の仕方のご指導をいただきます。「自分の命は自分で守る」という意欲と実践力を、これからも子どもたちに培っていきます。

最新情報&更新情報

最新情報2017.04.28 新潟小学校地域だより「かけはし」平成29年度4月28日号を公開しました
ライン
最新情報2017.04.21 ほけんだより4月11日号を公開しましたライン
最新情報2017.04.07 新潟小学校地域だより「かけはし」平成29年度4月7日号を公開しましたライン
最新情報2017.04.06 平成29年度グランドデザインを公開しましたライン

▲ページの先頭へ