*--学校行事--*

「田井小 防災の日 その2」 各学級で学ぶ防災 7月4日(土)

 田井小学校では、7月の第1週の土曜日を学習参観日とし、「田井小 防災の日」を設定しています。
 5限は、各学級で防災について学びました。外部からも指導者をお招きし、地震や大雨、地域の安全や中越大震災のことを学びました。


「田井小 防災の日 その1」 全校で学ぶ防災 7月4日(土)

 田井小学校では、7月の第1週の土曜日を学習参観日とし、「田井小 防災の日」を設定しています。
 2限は、全校児童を対象として、校長先生が授業を行いました。登下校時、様々な災害から身を守る学習でした。途中、映像を見るなどして、地震・津波・大雨・雷・竜巻(大風)などの場合、どのように命を守るかについて学びました。


「パラリンピックの競技を学ぶ」 ボッチャ 7月2日(木)

 田井小学校では、パラリンピックの競技を学ぶ機会を設けています。今回は、「ボッチャ」を体験しました。
 ボッチャは、ヨーロッパで生まれたスポーツで、パラリンピックの正式種目です。ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競います。指導者として見附市体育協会の方を招いて教えていただきました。
 子どもたちは、楽しくパラリンピックの競技に触れることができました。


「みんなのお祭り」 みつば祭り 6月26日(金)

 子どもたちが楽しみにしていた、みつば児童会主催「みつば祭り」が行われました。「会場を広く使用し、入場制限をする」「待つ時は立ち位置を決める」等々、今年のお祭りは、三密を防ぐために、子どもたちが工夫をしたお祭りとなりました。
 子どもたちは、梅雨空を吹き飛ばす笑顔でお祭りを楽しみました。


「地域の皆さん、元気に、がんばりましょう」 6月25日(木)

 今回、新型ウイルスへの対応等で大変な思いをされている地域の皆さんへ、田井小学校の子どもたちがメッセージを作成しました。
 メッセージは、地域の皆さんに見ていただけるように、学校の窓ガラスに掲示しました。「地域の皆さん、元気に、がんばりましょう!」のメッセージで、田井小のゆるキャラの「耳土君」と「みつバード君」も、一緒にメッセージを届けます。ゆるキャラの2人は、しっかりマスク着用です。


「児童玄関が明るくなりました」 全校で花植え 6月19日(金)

 田井小学校は、お花を育てる活動を大切にしています。イングリッシュガーデンよりいただいた、たくさんのお花を、全校の子どもたちが「ひとりひと鉢」で植えました。少し淋しくなっていた児童玄関前の階段。一気にお花畑に変身して、明るくなりました。


「新メンバーで練習スタート」 みつば太鼓 6月18日(木)

 今年度の「みつば太鼓」の練習がスタートしました。先週の高学年に引き続き、今週は、3・4年生の中学年が練習をスタートさせました。
 みつば太鼓は、田井小学校が大切にしている活動の一つです。今年度から3年生もメンバーに加わり、パワーアップしました。初めてバチを持って太鼓を叩いた3年生。ドキドキの初練習でした。


「楽しく学ぶ『新しい生活様式』」 みつば朝会 6月11日(木)

 みつば朝会(児童朝会)で、保健・給食委員会の子どもたちが、コロナウイルス感染症拡大防止に向けた「新しい生活様式」について全校の子どもたちに発表しました。発表は、クイズ形式で進みました。
 質問は、「マスク」「手洗い」「ソーシャルディスタンス」の3つに関することでした。全校の子どもたちが、楽しいクイズで「新しい生活様式」を学びました。


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
003813
[TOP] [LIST]
shiromuku(pl)DIARY version 2.70